小規模マンションオーナーの日記


2月 13, 2018

国民年金の支払いをお得な2年前納で!!

Pocket

アパート画像

国民年金の支払いを2年前納にすると約1万5000円の割引を受けることができる。

厚生年金に加入していないので、国民年金に加入し保険料を支払っていますが、今回は国民年金の保険料の支払いを2年前納することにしました。

というのも2年前納にすると1万5000円程度の割引を受けることができるからです。

そこで早速、2月上旬に「ねんきんダイヤル」に電話をし、2年前納にしたい旨を告げました。

そしてクレジットカードで支払いたいとも告げました。

すると本人確認が行われた後に、記入するための書類を送るとのこと、そして2月までに書類を近くの年金事務所に持っていくか、郵送する必要があるとのことでした。

そして数日後に日本年金機構から書類が送られてきました。

実は記入する書類は「国民年金保険料クレジットカード納付申出」のみです。(本人以外のクレジットカードを使用する場合はクレジットカード所有者が記入する「国民年金保険料クレジットカード納付に関する同意書」の提出も必要です)

この「国民年金保険料クレジットカード納付申出」の中に、納付方法として毎月納付、6カ月前納、1年前納、2年前納かのいずれかを選ぶこができます。

そこで2年前納の箇所にチェックを入れ、後は必要事項と使用するクレジットカードの情報を記入して完了です。

花画像

国民年金の支払いをクレジットカードで支払うとポイントの付くカードがある。

ところで、クレジットカードで国民年金を支払うと割引額が多少ですが少なくなりますが、ポイントの付くカードがあります。

楽天カードやイオンカードなどがそうですが、ポイントが付かないカードもあるので注意が必要です。

また2年前納にした場合の、所得税控除ですが特別に1年ごとに控除することができます。

国税庁のホームページには

平成26年4月から、2年分の国民年金保険料を前納することができることとされています。
 この2年前納された国民年金保険料に係る社会保険料控除については、納めた年に全額控除する方法と、各年分の保険料に相当する額を各年において控除する方法を選択することができます。

 

引用:https://www.nta.go.jp/gensen/nenkin_zennou/index.htm(閲覧日2018年2月13日)

と書かれており、全額控除か、各年控除かのいずれかを選択することができ、効果的に節税対策のために活用することもできそうです。

また2年前納後、万が一1年後に死亡してしまった場合も、残り1年分は遺族に還付されるようなので、そのてんも安心です。

いずれにしても国民年金の2年前納制度、活用してみるだけの価値はありそうです。

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA