小規模マンションオーナーの日記


12月 04, 2016

スマートフォンだけでも賃貸暮らしを満喫

Pocket

droom画像

スマートフォンで快適な賃貸暮らしを行えるようになった。

以前のブログで大東建託のDK SELECTアプリのについての記事を書いたことがあります。

大東建託物件の入居者にとって、とても便利なアプリで、鍵が開かなくなったとか、給湯器が故障したなどのトラブルが発生した時にアプリから大東建物管理に連絡できる機能があり、迅速に対応してもらうことができます。

さらに、賃貸部屋を探す時には、大東建託物件はLineを利用して部屋探しを行うこともできます。

このLine活用した賃貸物件探しですが、とても反響が大きく、部屋探しにとても有用なツールへとなってきているようです。

このように部屋探しから入居後のサポートまで、スマートフォン1台で事足りるのです。

さらに最近、大東建託では入居者のために「よくあるご質問Q&A」のページが開設され、スマートフォンにもQRコードから読み取って「よくあるご質問Q&A」のページを見ることができるようになりました。

例えば家賃の支払い方法もクレジットカード払いにしたい時は、サイトを開いた後に、最近よくある質問の項目の下に「クレジットカード払いに変更したい」があり、ここをクリックすると、管理会社大東建物管理にてご説明させていただきます、とあり担当の大東建物管理の営業所の電話番号にたどりつけるようになっています。

花画像

スマートフォンで賃貸暮らしの様々なサービスに辿りつくことができる。

他にも「来客用駐車場はあるか」「おまとめ請求サービスとは何か」等の質問の解答をスマートフォンで調べることができます。

ということでスマートフォンがあればお部屋探しから入居後のサポート、そして退去時に至るまで、十分に事が足りるようになっています。

このサービスは、いい部屋ネットの大東建託ならではのサービスですが、他の賃貸住宅ではどうなっているのでしょうか。

積水ハウスのシャーメゾンや大和ハウスのDルーム、そしてレオパレスなどはどうなっているのかわかりません。

ただ他社にないサービスを入居者に積極的に提供するというてんでは、大東建託やレオパレス21が他社よりも進んでいるように思うこともあります。

いずれにしてもスマートフォンが普及し、活用する人も増えている時代、賃貸住宅サービスにおいてもスマートフォンによって利便性を高める試みや挑戦が続くものと思われます。

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA