小規模マンションオーナーの日記


7月 07, 2018

賃貸住宅オーナーも汗をかく時代になってきた

Pocket

シャーメゾン画像

市街地にある積水ハウス設計施工管理のシャーメゾン。

昔はアパートやマンションオーナーになるというというのは、憧れともいえる立場でした。

言ってみれば、何もしなくても収入がある楽な人生を送れるというイメージがあるのかもしれません。

しかし時代は変わり、賃貸住宅経営が生計の負担になっていると感じる物件オーナーさんも増えてきました。

なかには物件を売却したり破綻するオーナーさんもおられます。

ですから今の時代、アパートマンションオーナーが何もしなくてもよいというわけではありません。

賃貸住宅経営がうまくいくように精を出す必要があります。

このてんで過去の新聞記事ですが、興味深い記事があります。

日本経済新聞2013年4月27日の「不動産投資は楽じゃない 「勝ち組大家」の汗と涙 」という記事には

「自ら行動しない限り空室は埋まらない」。東急田園都市線の青葉台駅(横浜市)から徒歩40分の住宅地にアパートを所有する・・さん(52)はそうつぶやく。元はホテルマン。父親の物件を継いだ3年前、大家になった。アパート3棟のうち2棟は築20年以上。もう1棟は2011年に建てた木造。「駅から徒歩10分以内」などの条件で絞り込まれれば「目にとまる可能性は限りなく低い」(林さん)。それでも全60戸が埋まるのは努力と着想の成果だ。

引用:不動産投資は楽じゃない 「勝ち組大家」の汗と涙 

と書かれています。

花画像

こまめに努力して善戦しているオーナーさんもおられる。

ところでこの記事にでてくるオーナーさん、50歳代で、賃貸住宅専業オーナーをされている方ですが、

所有物件が築20年以上が(推測ですが)40戸

     2011年竣工物件が(推測ですが)20戸

の合計60戸を所有運営しているオーナーさんです。

もし家賃が仮にすべて5万円とすると月に入る家賃収入は5×60=300万円です。

そしてこのオーナーさんのスゴイところは物件の最寄駅まで徒歩40分と、立地的には非常に不利なエリアにあるにもかかわらず、勝ち組大家として頑張っているてんです。

どんな努力を積み重ねているかについて上記の日本経済新聞には

物件資料を持ち込んだ仲介業者は150社以上。資料はカラー写真を使いラミネート加工までしている。地元のカフェや居酒屋にパンフレットを置き、動画投稿サイト「ユーチューブ」でも物件を紹介。ペット可にして賃料下落を防ぎ、掃除も管理会社に任せず小まめにする。

と書かれており、入居者斡旋のために、相当な努力を払っておられることがわかります。

とくに物件募集を依頼している仲介業者が150社以上、そんなにも不動産屋があるのかと思ってしまいますが、遠方の不動産屋にも仲介を依頼しているのでしょう。

さらに賃料下落を防ぐための施策を打ったり、清掃も管理会社任せにしないといった、まさに汗してオーナー業をこなしておられようです。

本当に感心させられますが、それぐらいのことをしなければ生き残れないという危機意識があるのかもしれません。

私もそこまでは、出来ませんが、見倣いたいと思います。

 

スポンサーリンク


Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA