小規模マンションオーナーの日記


12月 13, 2018

大東建託の介護事業拡大が加速!!

Pocket

花画像

介護事業に力を入れる企業が増えてきた。

今後人口は減少していく時代にあって、多くの場合、国内の市場規模も縮小していく傾向にあります。

賃貸住宅においても世帯数は微増でも、いずれは頭打ちになり、そして後には減少へと転じることになると推測されています。

しかしこのようなさなか、当分は需要が続くと見込まれる分野があります。

それは介護と保育の分野です。

特に介護については人生100歳とも言われるぐらいに100歳まで生きる方も珍しくなくなってきました。

そして高齢者の割合は今後も増え続けていくことが推測されています。

しかも高齢者施設となると、まだまだ不足しているとも言われています。

こういういったさなか賃貸住宅最大手の大東建託も、賃貸住宅市場の将来が不透明なさなか、介護事業を今後コア事業の1つとして成長させていくような動きを見せています。

例えば以前に書いた

介護のソラストは大東建託の息のかかった会社だった!!

で書きましたように、介護サービスで名前の知られたソラストの30%以上の株式を取得した筆頭株主となって、事実上ソラストの経営に大きな影響を及ぼすことができるような立場にあることなどもその表れです。

そして2018年11月にはさらに大東建託の介護事業に力を入れていることを示す新たな動きが見られました。

アパート画像

大東建託設計施工管理の木造アパート。

このてんで大東建託のニュースリリース2018年11月22日の「株式会社さくらケアおよび株式会社うめケアの
株式取得(子会社化)に関するお知らせ 」によると

当社は、平成30 年11 月22 日開催の取締役会において、株式会社さくらケア(本社:東京都世田谷区、代 表取締役:荒井 信雄、以下「さくらケア社」といいます。)および株式会社うめケア(本社:東京都世田谷 区、代表取締役:荒井 信雄、以下「うめケア社」といいます。)の株式を取得し、完全子会社とすることに ついて決議いたしましたので、下記のとおりお知らせします。

引用:http://www.kentaku.co.jp/corporate/pr/info/2018/aqehc4000000a591-att/20181122_sa.pdf(引用日2018年12月13日)

とあって、介護事業会社を完全子会社にするとの発表がありました。

ソラストの場合は、経営に影響を及ぼすことができても、大東建託の子会社とまではいきませんが、今回のケース完全な子会社です。

ということは、さくらケアとうめケア=大東建託ということになります。

今後、介護事業の子会社や関連会社をどのように成長させて、大東建託が介護事業を発展せていくのか見守っていきたいと思います。

 

 

 

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA