小規模マンションオーナーの日記


1月 24, 2018

三菱UFJ 三井住友 みずほが口座維持手数料を検討😞

Pocket

りそな銀行画像

りそな銀行。3大都銀ではないが、りそなクラブのローン関連の特典の縮小を発表した。

先回の記事

りそなクラブが特典の縮小?

ではりそな銀行のりそなクラブの特典が、とりわけローン関連の顧客の場合の特典が縮小されることについて書きました。

私も、りそな銀行からアパートローンを借りていたおかげで、この特典の恩恵を受けてきたのですが、2018年より特典が縮小されることになり残念に思っていたのですが・・。

その事実を知った翌日に産経新聞2017年12月31日にはとても気になる記事が掲載されていました。

「3メガ銀が「口座維持手数料」検討へ マイナス金利で苦境、30年度中にも結論」という記事によると

三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行の3メガバンクが、銀行口座の維持にかかる費用を手数料として預金者から徴収できるか検討を始めたことが30日、分かった。日銀のマイナス金利政策で銀行が利益を出しにくくなったことが最大の要因で、本格導入は国内銀行で初めて。平成30年度中にも結論を出す考えだ。

引用:https://www.sankei.com/economy/news/171231/ecn1712310006-n1.html(閲覧日2018年1月24日)

というものです。

低金利時代でも、なんとか乗り切っていると思えた3メガバンク、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行も利益確保のために、口座維持手数料を徴収することを検討し始めたとは・・。

3メガバンクが口座維持手数料の検討を始めるほど、危機感を感じているのならば、りそな銀行がりそなクラブの改正を行って、とりわけローン関連顧客の特典を縮小しても仕方がないのかとも思ってしまいます。

花画像

地方銀行だけでなく都銀も将来への危機感を深めている?

ところで気になる口座維持手数料はどれくらいになるのでしょうか。

上記の産経新聞によると

3メガは企業向け、個人向けの預金口座について口座維持手数料の徴収が可能か慎重に検討。個人向けは年間数百~数千円が軸とみられる。

と書かれています。

数千円とあるので、年間2000円ほど覚悟していたら良いのでしょうか。

私も便宜上、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行の口座がありますが、すべて2000円の口座維持手数料がかかるならば、それだけで年間6000円の負担となります。

メインのりそな銀行も口座維持手数料を徴収するとなると、さらに費用負担が増大ということに。

そうなると比較的必要性の薄い口座を解約するしかないかもしれません。

これまでは便宜上、いくらでも気軽に銀行口座を開設できる時代でしたが、口座維持手数料が徴収されるようになるならば、口座の開設にも非常に慎重にならざるをえなくなるでしょう。

 

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA