小規模マンションオーナーの日記


4月 06, 2016

アパートローンは金利の低い都銀で しかし勧誘も多い

Pocket

銀行画像

三菱UFJ銀行。アパートローンも扱っている。

アパートマンションローンは都銀が最も金利が低く有利です。

しかし融資以外の商品の勧誘もあります。

そのことについてブログしていきたいと思います。

ところでこの前に、りそな銀行から手紙が届きました。

手紙といっても取引している近くのりそな銀行の支店からではなく、東京のセンターから送られてきました。

内容は、金銭信託の報告書でした。

ところで多くのアパートマンションオーナーが金融機関からの借り入れを行っていると思います。

私も同じで、私の場合はりそな銀行からアパートマンションローンを借りています。といっても前オーナーの父の時からそうなのですが、当初は、都銀からの融資を受けることができず、金利の高い外資系金融機関から借りていましたが、数年してから、りそな銀行から融資の誘いがあり、借り換えを行いました。

都銀のアパートマンションローンは金利が低い。

とにかく都銀からアパートマンションローンを借りる最大のメリットは金利が低いということに尽きます。

父も外資系ローンからりそな銀行に借り換えを行い、年間の金利支払い分が100万円ほど安くなったと言って喜んでいました。

下の表はアパートローンの金利比較表ですが、金利は変動金利で、1つの目安として参考にしていただくことができると思います。

もちろん外資系金融機関はさらに金利が高い場合が少なくありません。

また都銀の場合は借り入れ条件によって、さらに多少金利が優遇されることもあります。

セゾン オリックス 都銀(三菱UFJ りそな)
3.8 2.67 2.47

しかし融資を受ける審査は厳しく、誘いを受けてから手続きしても1回目はりそな銀行本店審査で却下されたようですが、しばらく時を置いて、もう1度、申込みを行ってようやく承認されたようです。

また外資系金融機関からの借り入れ中は、融資以外の取引はなにもありませんし、勧誘もありませんでしたが・・

りそな銀行の融資を受けるようになってからは、取引支店が自宅近くにあることも影響してか、しばしば電話そして訪問してきます。

そして融資先に様々な銀行商品を勧誘してきます。

そして、その1つが先日、報告書が届いた、金銭信託「信託のチカラ」という商品です。

主に日本の国債で運用されているので、リスクが少ないないこと、元本割れの可能性はあるが、現状では、市場金利は上がりにくいので当面は、銀行預金よりもいいのではないかということで、買うことにしました。

正直あまり価格はそれから上がっていませんが・・

とにかく融資を受けている以上は、協力できるところは、協力していかないとと考えていはおりますが。

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA