小規模マンションオーナーの日記


4月 24, 2018

かぼちゃの馬車オーナー 不当な高値で買わされたと訴訟!!

Pocket

シャーメゾン画像

積水ハウス設計施工管理のシャーメゾン。平均価格は9000万円程度といわれている。

2018年になってトラブルが表面化している「かぼちゃの馬車」の運営会社のスマートディズと「かぼちゃの馬車」の物件オーナーですが、とにかく物件そのものがお粗末との意見があり、そのためか入居率が低迷し、運営会社のスマートディズの経営悪化による物件オーナーへの賃借料の支払いが行われないという、物件オーナーにしてみれば最悪の事態が生じています。

こうしたなか物件オーナーたちもついに訴訟へと動きだしたようですが、そのことについて産経新聞2018年3月27日の「「かぼちゃの馬車」運営会社を27日にも提訴 購入者13人、2億円賠償求め」という記事には次のように述べています。

首都圏で女性専用シェアハウスを運営する不動産会社「スマートデイズ」(東京)がシェアハウス用物件の購入者への賃借料支払いを停止した問題で、物件を不当な高値で購入させられ損害を被ったとして、購入者13人が、法人としての同社と役員ら、関連会社などを相手取り、計2億円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こすことが26日、関係者への取材で分かった。27日にも提訴する。

 

引用:http://www.sankei.com/affairs/news/180327/afr1803270001-n1.html(アクセス日2018/4/24)

と訴訟の理由が物件を不当な高値で購入させられ損害を被ったというてんであると報じています。

花画像

不当な高値で買わせて損害を被った場合は、訴訟を起こすことができる?

ところで多少驚いたのが、今回被害を被ったオーナーというのが、地主さんのような高齢者ではなく中年層だったというてんです。

上記の同じ産経新聞の記事には

原告の13人は、東京や神奈川、埼玉など首都圏在住の30~50代の男性ら。多くが大手企業勤務の会社員で、平成26年から29年にかけて同社から物件を購入したという。訴状によると、同社社長ら役員は、支払う意思や能力がないのに「30年の家賃保証」をうたい、購入者に1億円を超す借り入れをさせた上で、市場価格よりも割高な不動産を不当に購入させたとしている。

と報じ、大手企業の30~50代の、本来は最も騙されにくいと思われる人たちが被害を被っているというてんです。

いくら大手企業で高給があるとしても1億円以上の債務をかかえ、しかも返済の見通しが不透明になったとしたならば、たまったものではないでしょう。

なぜ騙されたのかとも思うのですが・・。

いずれにしても大手企業の会社員といえども不動産については素人だったと思われるので、契約する前に不動産の専門家などとしっかりと相談していればよかったのかもしれません。

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA