小規模マンションオーナーの日記


6月 18, 2017

顧客にNISA口座の開設を勧める都市銀行!!

Pocket

賃貸マンション画像

マンションオーナーの取引銀行からNISA口座の開設を勧められるかもしれない。

以前、ある用事で、三井住友銀行の窓口で順番を待っていると、行員さんのほとんどにNISA口座を宣伝するバッジがつけられているのに気づきました。

それだけNISA口座の開設に力を入れているんだなあと思いました。

ところでNISA口座といえば、もともとは証券の口座だったと思いますので、証券会社が顧客に勧めることはわかるのですが、銀行も口座開設に力を入れているのは、ちょっと不思議に思います。

証券会社ならば、NISA口座で投資信託と株式の取引をすることができますが、銀行は今のところ株式の取引はできないので、投資信託のみしか活用できないように思います。

しかもNISA口座、1人につき1つの口座しか開設することができません。

それならば証券会社で口座開設したほうが有効ではないかと考えてしまうのですが。

ところで、話が変わりますが私がアパートローンを借りている、りそな銀行ですが、渉外担当の行員が4月より代わったので、改めて挨拶に来たいということで、訪問してこられました。

今回から女性行員ですが、私が取引している銀行の支店は渉外担当は支店長と主任以外はすべて女性行員です。

 

花画像

NISA口座は税金面で有利になる口座。

そこで若い女性行員と2人で挨拶に来られましたが、最初は他愛のない話から入り、ちょっと落ち着いてから挨拶以上の話に。

つまりは今回の訪問の本来の目的の話へとなるわけですが、資料を取り出したと思えば、NISA口座についての提案の話へと移っていきます。

「NISA口座はお持ちですか」

「はい。他の金融機関で開設しています。しかし今は全然活用していません。」と答えると、

「うちの銀行に口座を移管することができますよ」との話に。

結局は「移管を検討します」と答えてしまいました。

どうしてもアパートローンを借りている以上、りそな銀行とは良い関係を維持していかなければならないので、協力できることは協力しなければという気持ちになるので、今回もNISA口座移管へと進みそうです。

お世話になっている銀行の行員が訪問してこられたならば「おみやげ」を持って帰ってもらわないといけませんので。

スポンサーリンク


Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA