小規模マンションオーナーの日記


10月 30, 2017

りそな銀行が物件オーナーのための相談会等を開く!!


りそな銀行画像

りそな銀行。アパートローン融資も多く行ってきた。

都銀といえば三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行が頭に浮かぶことでしょう。

これらの銀行は国内の大手企業との取引だけでなく海外にも積極的に進出していますので、国内景気が多少変動しても海外事業でカバーできる強みがあります。

一方で都銀と分類されながらも、国内事業が中心の銀行があります。

それがりそな銀行です。

どうしても海外に目がいく都銀とは違い、りそな銀行は国内が中心のために、私のような小規模事業者には、都銀のなかでは、付き合いやすい銀行です。

そして今回はりそな銀行の大阪の本店から、おそらくは

アパートローンを借りている事業者向けの幾つかのセミナー

の案内書が送付されてきました。

セミナー会場はすべて、りそな銀行神戸支店の中で行われるようです。

りそな銀行神戸支店といえば、三宮駅の近くにありますので、阪神間に住んでいるアパートマンションオーナーさんには行きやすい場所だと思います。

ところでセミナーの内容ですが

「グローバル・マクロ投資環境」

「身近なアンチェイジングと将来へのそなえかた」

といったもので、専門の講師の方が来られて扱われるようです。

いずれもまずは予約を入れてから行くことができます。

花画像

アパートマンションオーナー向けセミナーを銀行で行ってくれることはありがたい。

私自身は上記のセミナーは関心がないことはないのですが、おそらくは行かないと思います。

ところで私自身、とても関心を引いたのが同封されていた「賃貸経営に関する法律個別相談会(参加費無料)」です。

内容としては、①家賃滞納トラブル、②退去の際の原状回復をめぐるトラブル、③菅理会社と不動産オーナーの物件管理契約に関するトラブルなど賃貸経営に関する法律相談全般となっています。

①と②については最近はほとんど家主さんが悩むことは少なくなってきたのではないかと思いますが、③の

管理会社とのトラブル

で悩んでいる家主さんは少なくないのではないでしょうか。

一括借り上げでアパートマンション経営を行う家主さんが増えるにつれてサブリース会社とのトラブルは増え続けているといわれています。

そして今回のりそな銀行の中で行われる相談会では個別に弁護士さんが相談にのってくれるというものなのです。

私自身は今のところは相談会に行くほど悩んではいませんが、しかし将来そのような時が来るかもしれませんので、りそな銀行選任の弁護士事務所が相談にのってくれるんだということを知れただけでも良かったです。

他にも相続についてのや確定拠出年金の相談会も行われますが、いずれにしても、りそな銀行が顧客ニーズに合ったイベントを設けてくださったことは、うれしいことです。

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA