小規模マンションオーナーの日記


3月 04, 2018

国民年金やめたくてもやめれない理由😿

Pocket

アパート画像

アパートオーナーにとって国民年金は所得税控除としての意義が大きいかもしれない。

先回の記事

国民年金の保険料を支払うことのデメリット

のなかでも書きましたが、国民年金の支払った保険料は基本的には、掛け捨てのようなもので、もしも厚生年金等に加入することもなく59歳までに死去してしまうならば、最悪、支払った国民保険料は遺族にも戻ってこない場合があります。(35万円までの死亡一時金を受け取ることができる場合があります)

ですからそれならば国民年金をやめて、個人年金などに加入したら良いのではと考える方もおられることでしょう。

私もそう考えることもありますが、しかし国民年金をやめるつもりはありません。

というのは国民年金ならではのメリットがあるからです。

どんなメリットがあるかというというとその1つはもしも

長生きすれば支払った保険料よりも給付のほうが多くなる

からです。

だいたい何歳まで生きれば、給付額のほうが多くなるかについては、個人の状況によって異なりますが、だいたい平均寿命の80歳代半ば以上、生き続けるならば給付額のほうが多くなっていくようです。

ですから90歳、100歳と生きている方は、支払った保険料よりも給付額のほうが多くなっていることになります。

このてん個人年金の場合は、そのようにはいきません。

個人年金の場合は、支払った保険料が運用益を含めて将来戻ってくる仕組みだからです。

もちろん死去した場合には、支払った分、遺族に戻ってくるというのは国民年金にないメリットですが。

花画像

国民年金は長生きする人ほど総給付額が支払った額よりも大きくなっていく。

ところで国民年金に加入し続けておきたいもう1つの理由があります。

それは万が一、障害者になってしまった場合に

障害年金が支給されるようになる

というてんです。

日常生活において、いつどのような事故に遭遇し、障害者になってしまうかわかりません。

アパートマンションオーナーの場合は障害者になっても家賃収入は変わらず入ってきますが、それ以外の収入源が障害者になることによって途絶えてしまうかもしれません。

しかし障害者年金が支給されるようになると、その分が補填されるでしょう。

知り合いのなかにも、国民年金にも厚生年金にも加入していない時に、障害者になってしまって、苦労した方もおられます。

多くの場合、障害者になることはないかもしれませんが、いざという時にために備えて、国民年金に加入しておくのは賢明のように思われます。

スポンサーリンク

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA