小規模マンションオーナーの日記


2月 05, 2019

木造アパートが選ばれやすいこれだけの理由👍


花画像

木造アパートには多くのメリットがある。

私も昔は戸建ての木造住宅に住んでいましたが、今はRC造りのマンションに住んでいます。

RC造りの住居の良さは断熱性に優れているためか、冬は木造住宅よりも比較的暖かく過ごすことができるというメリットがあります。

その一方で、RC造りのマンションに移ってから、しばらくの間は、なぜか熱のともなう風をひきやすくなりました。

なぜなんだろうと考えてみると、木造の場合は、吸湿性というのか、木が室内の湿度の調整のような働きをしていたのが、RC造りの住居になると、そのようなことがなくなってしまったのが原因ではないかと考えています。

断熱性ではRC造りが優れていても、室内における快適性というてんでは木造の住居のほうが良いのかもしれません。

ところで3階建てまでの建物となると、最近では多くが木造の建物です。

大東建託の賃貸住宅も多くは木造アパートです。

なぜ木造で、建てることが選ばれるのでしょうか。

その1つは上記でも書きましたように、木造の木が生きていて吸湿などの調整を行うなどの室内の快適性が良いというてんがあるのかもしれません。

「木のぬくもりを感じる」という人もおられますが。

賃貸アパート画像

賃貸住宅最大手の大東建託設計施工管理の木造アパート。

実際のところ賃貸住宅においても、全く同じような設備の整ったRC造りのマンションと木造アパートとが募集している場合、どちらが選ばれるかというと、木造アパートを選ぶ方のほうが多いのではないかと思います。

ところで木造アパートの別のメリットはRC造りよりもコストがかからないというてんがあります。

おそらくは鉄骨造りよりも、コストがかからないのではないかと思います。

ゆえに木造アパートが選ばれやすくなっているものと思われます。

さらには解体費用もRC造りよりも費用がかからないなどもあります。

さらに木造りのメリットとしては、外観をスマートなものしやすいというてんもあります。

 

もちろん木造ゆえのデメリットがあるのも事実で、そのなかにはシロアリ対策が必要、火災保険料がRC造りよりも高くなる、遮音性というてんではRC造りよりも劣るという面もあります。

しかしやはり家賃相場というてんで、都心部よりも低くなってしまう地方においては、やはり木造アパートにしたほうが賃貸住宅経営においては利点があるように思われます。

 

追記:多くの場合、木造は3階までですが、3階までの建物ですと、エレベーターの設置は必要ありません。

このエレベーターですが、金食い虫と言われるほど、設置費用、維持管理コストがかかります。

ですからRCマンションとなると4階、5階建てとなるかもしれませんが、エレーベーターの設置に伴う費用負担が増大します。

さらに入居者に支払っていただく共益費ですが、エレベーターを設置するとエレベーターのない建物の共益費よりも2000円~5000円程度ですが共益費が高くなります。

となると入居者さんは家賃と共益費を毎月支払ってくださるわけですが、毎月の住居費負担が入居者さんも増大することになり、競合物件との価格競争において不利になってしまいます。

 

さらに建物が4階建て以上になると給水ポンプを設置する必要があります。

この給水ポンプですが、シロモノで100万円以上します。(戸数などの建物の規模によって数百万円以上することもあります)

しかも寿命があり、いずれは交換しなければならないのです。

これもまた4階建て以上の建物のデメリットといえばデメリットです。

 

 

追記:木造アパートのメリット、デメリットについては以下の記事も参照なさってください。

 

2010年頃ですが、当時は大東建託設計施工の物件は、私の周辺エリアではRC造りで4階建てマンションが2,3棟竣工されましたが、最近ではいい部屋ネットの大東建託の新しい物件といえば、木造アパートが主流となっています。

というか私の周辺エリアでは、いい部屋ネットの大東建託の新しい物件はすべて木造アパートです。

高さは3階までの木造アパートですが、この種のアパートだとエレベーターを設置する必要もありません、給水のためのポンプを設置する必要もありません。

ですから初期費用もかなり抑えることができますし、エレベーターや給水ポンプがない分、維持管理コストも抑えることができ、賃貸住宅経営に優しい物件ともいえるかもしれません。

ところでなぜ木造アパートに人気があるのか?

それは木造だと

建築費が安くて済むからです。

ニュースイッチ2018年6月26日の「ハウスメーカー大手、「木造住宅」相次ぎ投入のワケ」という記事には

少子高齢化により新設住宅着工戸数が減少傾向にある一方で、人件費や材料の高騰などを受け住宅価格は上昇している。そうした環境下で複数の住宅メーカーが新たな市場を掘り起こすべく、若年層に着目。一次取得者(初めて住宅を購入する世帯)の獲得に向け、主力のプレハブ住宅よりも安い普及価格帯の木造住宅商品を相次ぎ投入している。

引用:ハウスメーカー大手、「木造住宅」相次ぎ投入のワケ

と述べていて、住宅価格が上昇しているなか安い木造住宅にハウスメーカーが力を入れているとのことです。

アパート画像

いい部屋ネットの大東建託設計施工管理の木造アパート。

もちろん、このニュース記事でいう住宅とは戸建て住宅のことですが、賃貸住宅でも同じことがいえるでしょう。

人件費が当分は高止まりしそうななか、木造住宅の人気は続きそうです。

ところで人気のある木造ですがデメリットもあります。

そのデメリットとは

耐久性が弱いというてんがあります。

ですから建物メンテナスをしっかりと行っていかなれば、劣化が進みます。

さらにシロアリ対策を行う必要が生じることもあるでしょう。

また火災保険料が高くつく場合があります。

火災に弱いということで、保険料も高くなります。

他にも台風などの自然災害に弱いというてんもあります。

ですから木造の物件を持つ場合はこれらのデメリットを認識しておく必要があるでしょう。(21/2/13)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA