小規模マンションオーナーの日記


2月 05, 2019

木造アパートが選ばれやすいこれだけの理由👍


花画像

木造アパートには多くのメリットがある。

私も昔は戸建ての木造住宅に住んでいましたが、今はRC造りのマンションに住んでいます。

RC造りの住居の良さは断熱性に優れているためか、冬は木造住宅よりも比較的暖かく過ごすことができるというメリットがあります。

その一方で、RC造りのマンションに移ってから、しばらくの間は、なぜか熱のともなう風をひきやすくなりました。

なぜなんだろうと考えてみると、木造の場合は、吸湿性というのか、木が室内の湿度の調整のような働きをしていたのが、RC造りの住居になると、そのようなことがなくなってしまったのが原因ではないかと考えています。

断熱性ではRC造りが優れていても、室内における快適性というてんでは木造の住居のほうが良いのかもしれません。

ところで3階建てまでの建物となると、最近では多くが木造の建物です。

大東建託の賃貸住宅も多くは木造アパートです。

なぜ木造で、建てることが選ばれるのでしょうか。

その1つは上記でも書きましたように、木造の木が生きていて吸湿などの調整を行うなどの室内の快適性が良いというてんがあるのかもしれません。

「木のぬくもりを感じる」という人もおられますが。

賃貸アパート画像

賃貸住宅最大手の大東建託設計施工管理の木造アパート。

実際のところ賃貸住宅においても、全く同じような設備の整ったRC造りのマンションと木造アパートとが募集している場合、どちらが選ばれるかというと、木造アパートを選ぶ方のほうが多いのではないかと思います。

ところで木造アパートの別のメリットはRC造りよりもコストがかからないというてんがあります。

おそらくは鉄骨造りよりも、コストがかからないのではないかと思います。

ゆえに木造アパートが選ばれやすくなっているものと思われます。

さらには解体費用もRC造りよりも費用がかからないなどもあります。

さらに木造りのメリットとしては、外観をスマートなものしやすいというてんもあります。

 

もちろん木造ゆえのデメリットがあるのも事実で、そのなかにはシロアリ対策が必要、火災保険料がRC造りよりも高くなる、遮音性というてんではRC造りよりも劣るという面もあります。

しかしやはり家賃相場というてんで、都心部よりも低くなってしまう地方においては、やはり木造アパートにしたほうが賃貸住宅経営においては利点があるように思われます。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA