小規模マンションオーナーの日記


10月 11, 2017

積水ハウスの建物周期点検😟

Pocket

花画像

周期的な点検によって建物を良い状態に保つことができる。

大手ハウスメーカーの中でも知名度や人気も高い積水ハウス。

積水ハウスで家を建てると建物を周期的に点検するようです。

具体的には3ヶ月・1年・2年・5年・10年・15年と点検があるようです。

そして点検をしてから修繕箇所が見つかれば、修繕して建物が良い状態であり続けるようにしてくれるというものですが、良いか悪いかは賛否が分かれているようです。

このてんで、周期的な点検を受けたくないという人たちの理由は、無償修理をしてくれる箇所もあるそうですが、有償修理の部分で費用がかかるというのが最大の理由かもしれません。

どのケースが無償になり、どのケースが有償になるかの詳細はわかりませんが、有償の部分が多くなっていくと、当然かかる費用も大きくなっていきます。

さらには周期的な点検、そして修理という積水ハウスのスタイルを、必要でもない修理をさせて収益を得ているとの不信感を持っておられる方もいるのかもしれません。

もちろん私個人としては

積水ハウスがそのような汚い仕事を

をするとは思いませんが。

いずれにしても周期的な点検そして修繕と積水ハウスのやり方を、よく思っていない方もおられるようです。

積水ハウス画像

積水ハウス設計施工のシャーメゾン。

一方で積水ハウスのこまめな点検そして修繕を好意的に受け止めている方もおられることでしょう。

たしかに、どんな建物であっても年月と共に、経年劣化が生じてきます。

そして、そのまま何もせずにほっておくと、建物自体がどんどん劣化していき、ボロ家になってしまうことでしょう。

ボロ家になってからの修繕費用となるとかなりの費用がかかります。

よってこまめに点検し、修繕箇所が見つかれば、その都度、多少の費用がかかっても修繕するのがベストという見方です。

見方によれば、積水ハウスが行っている方法のほうが

全体的にみてコストを抑えることができるという

意見もあります。

いってみれば健康診断を受けて、早い段階で体の悪いを箇所を治していくほうが、健康診断を受けずに、気がつけば重篤な病気になって、高額の医療費や入院費用などを支払らうよりも、費用を安く抑えることができるのと、よく似ているのかもしれません。

いずれにしても建物を所有するならば維持していくためのコストはかかってきます。

スポンサーリンク


Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA