小規模マンションオーナーの日記


11月 12, 2019

熱心な仏教徒の呪文が騒音トラブルになることも


アパートやマンションのトラブルで最も多いのは騒音トラブルだと言われています。

しかもこの騒音トラブル、解決が容易でないと言われています。

とくに騒音に神経質だと、そのことでずっと悩まされることになります。

ときには金銭補償問題へと発展することもあるようです。

これは実際に生じたケースですが、マンション1階に新聞販売店が開業しました。

新聞販売店というと夜中の2時~4時ごろにかけて朝刊配達のために、多少騒がしくなることがあります。

ところでこのマンションの上階には、新聞販売店には、ついてないことに反社会的勢力の組織に属する人が住んでいました。

するとその方、新聞販売店に早朝の騒音のことで、案の定クレームを言ってきて、そのための補償として金銭を要求してきたそうです。

結局その新聞販売店、他の場所に移転したようですが。

もちろん騒音トラブルで金銭を要求するとは、よほどの悪党と言わざるをえません。

 

ところでそれとは別に知人夫婦が最近になって引越すことになりました。

この夫婦、今年の2月ごろに引越してきて、今年の12月ごろに引越すわけですから、1年もせずに引越すことになります。

これはきっと何か住居のことで、なんらかの不満があったに違いないと思い、なぜ引越すことにしたのか探ってみました。

マンション画像

遮音性が良いといわれるRCマンションでも騒音トラブルが生じることがある。

すると意外のことがわかりました。

その同じRCマンションに住むある方が熱心な仏教徒で頻繁に呪文を唱えるんだそうです。

たまにならまだしも本当に頻繁なんだそうです。

その

呪文を唱えるのがうるさい

ので引越すことにしたんだそうです。

そういうこともあるのかと思いました。

それにしても日本は信教の自由が保障されていますので、宗教活動をやめさせるわけにはいきません。

しかもこれほど熱心にしている人にクレームを言っても、どれだけ改善されるでしょうか。

賃貸住宅の契約の特約に迷惑になるような呪文を唱えてはいけないという条項を加えたということなど聞いたこともありませんし。

そこで諦めて引越すことにしたそうです。

しかしこれだけは住んでみないとわからないことだったので、ついてなかったとしか言いようがありません。

結局は引越しに伴う費用と手間を犠牲にすることになりますが、次の引越先では平穏な生活を送ることができるよう願うばかりです。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA