小規模マンションオーナーの日記


2月 04, 2020

大東建託がCDPでAランク 積水ハウスや大和ハウス工業も・・


今年の冬は暖冬です。

とくに関西地区は、冬といっても驚くほど寒くなく、いつもならば毎年、冬になると、何日かは厳冬ともいえるほど寒い日があるものですが、今回の冬はそのような日がありません。

明らかに地球温暖化の影響のようで、年々冬は暖かく、夏の時期は酷暑となり、大雨や暴風も強くなっているように思います。

そこで小規模マンションオーナーの心配は、夏の時期の大雨と暴風で、自分の物件がどうなるかということが気になるところですが、いずれにしても温暖化ストップのために、何らかの手を打たなければならないのは間違いのないことです。

ところで温暖化を食い止めるための様々な取り組みが行われていますが、そのなかでも世界的に影響力のあるものに、環境情報開示に取り組む国際的な非営利団体CDPというものがあります。

そこでは気候変動対策として、特に優れた活動を行い世界のリーダーであると評価された企業が選定され、「気候変動Aリスト」というものが公表されます。

この「気候変動Aリスト」に選定される企業は、世界的に注目され、世界中の機関投資家が投資のポートフォリオにその企業の株式を含める可能性があることでしょう。

ですから企業活動においても有利になる可能性があります。

アパート画像

いい部屋ネットの大東建託設計施工管理の木造アパート。

ところでこの「気候変動Aリスト」に大東建託が選定されたことがわかりました。

大東建託のニュースリリース2020/1/21の「気候変動に対する優れた取り組み・対応を評価 「CDP気候変動2019」 において最高評価の 「Aリスト」 に選定」によると

大東建託株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:小林克満)は、国際的な環境非営利団体CDP※から、 「CDP気候変動2019」において最高評価となる「気候変動Aリスト」に選定されました。
「CDP気候変動」は、日本企業500社(世界約8,000社以上)を対象に、温室効果ガス排出量削減に向けた具体的な 取り組みや、気候変動対応への戦略について開示情報をもとに評価されます。2019年度は日本企業38社が特に優 れた企業として「気候変動Aリスト」に選定されました。

引用:https://www.kentaku.co.jp/corporate/pr/info/2020/aqehc4000000di4c-att/cdp_kikouhendou_0121.pdf(アクセス日2020/1/26)

と報じました。

ちなみに建設業界では積水ハウス、大和ハウス工業も選定されており、やはり3強は、大東建託を加えた3社のようです。

今後、賃貸住宅業界で淘汰が進むなか、やはりこの3社が生き残るのではないかと思います。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA