小規模マンションオーナーの日記


7月 24, 2017

入居者募集の大東建託リーシング


花画像

3社体制に再編成された大東建託グループ。

最近になって、これまで周辺エリアの大東建託グループ物件の入居募集は地元の大東建託の営業店が積極的に行ってきましたが、大東建託支店から、隣の市の大東建託リーシングの支店に替わっていました。

これまでの大東建託営業店がどうなったかのかはわかりません。

というのも2017年春より、大東建託そのものは施行専門会社として事業を行うことになり、入居者募集は行わなくなったからです。

そして大東建託グループの物件の

入居者募集は大東建託リーシングが行うことになります。

ところで大東建託グループ物件のオーナーであるならば、最もお世話になるのは大東建託パートナーズですが、大東建託パートナーズの物件担当者とは、しばしば連絡を取ることが多々あります。

例えば物件の修繕のさいの連絡先、オーナーに支払われる賃料等も大東建託パートナーズが行っています。

さらに周期的に行われるオーナーにとっては、面白くない賃料改定協議も大東建託パートナーズの担当者が行います。

ですから大東建託パートナーズとの繋がりが最も強くなるように感じています。

次にアパートマンションの施行を行ってくださった大東建託との支店との繋がりになるわけですが、年1度にホテル等で行われる支部報告会と懇親会の時と、ほんの時たま支店の営業担当者が訪問してくることがあるぐらいです。

アパート画像

いい部屋ネットの大東建託設計施工管理の木造アパート。

ところで新しく設立された大東建託リーシングにオーナーはどのようにかかわっていくのでしょうか。

といっても一括借り上げの場合は、入居者募集といってもオーナーがかかわることはあまりありません。

ですから大東建託リーシングの担当者と会うこともほとんどないのかもしれません。

今後は入居者は入居のさいは大東建託リーシング、そして入居後は大東建託パートナーズのお世話になります。

一方でオーナーはアパートマンションの建築のさいは大東建託、そして建築後は大東建託パートナーズのお世話になります。

ということは

オーナーと大東建託リーシングとはかかわることがない

ということなのでしょうか?

そうかもしれませんし、そうでないのかもしれません。

まだ大東建託リーシングは発足したばかりなので、今後の活動を見守り協力できることは協力していきたいと思います。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA