小規模マンションオーナーの日記


8月 04, 2019

住宅性能検査協会でも一括借り上げトラブルの相談を受け付ける!!

Pocket

バラ画像

一括借り上げに関するトラブルの相談窓口も増えてきた。

一括借り上げによる賃貸住宅経営がスタンダード化しつつあるなか、空室でも賃料で支払われるという一括借り上げならではの特典を享受しているアパートやマンションオーナーさんは少なくないと思います。

たしかに空室によって一喜一憂することがあまりないというのか、毎月の月額家賃収入が安定しているのはオーナーにとって大きなメリットです。

しかしその反面、一括借り上げ会社と、うまくいかないなどのトラブルが生じた場合に、どこに相談すれば良いのかといったことが課題になることがあります。

この一括借り上げの賃貸住宅経営は制度上、なかなか容易に管理会社を他社に管理替えするのは容易ではありません。

できれば管理替えしないで問題を乗り越えたいものですが、どこにアドバイスを求めたらようのかと考えることがあると思います。

ところでこのてんに関して最近では、相談に応じてくれる機関が幾つもあります。

もちろんなかには、今は機能しなくなってしまった機関もありますが・・。

しかし最近でも一括借り上げ会社との契約時に関する金銭上のトラブルで消費者機構日本などに相談がもちこまれ、そのことでメディアが大きく取り上げたケースもありました。

アパート画像

レオパレス21管理のアパート。

そしてこの相談窓口の件に関して、日本経済新聞2019/7/22の「住宅性能検査協、レオパレス問題でオーナー相談窓口 」という記事には

レオパレス21のアパート施工不良の問題を受け、NPO法人、日本住宅性能検査協会(東京・中央)は物件に関するトラブルの相談窓口を立ち上げた。家賃減額や契約の解除といった相談をアパートのオーナーから受け付ける。レオパレスはオーナーから一括でアパートを借り上げ、利用者に転貸する「サブリース」という事業を手がける。サブリース契約を結ぶオーナーはレオパレスから得る家賃の減額のほか、契約の解除の要請を受ける場合がある。その際に同協会がオーナーに必要な手続きを踏めるように助言する。このほかにもアパートの不備の有無などの検査も支援するといい、セミナーを通じてオーナーに相談を呼びかける。

引用:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47639380S9A720C1XQ1000/(アクセス日2019/7/23)

と書かれていました。

このように日本住宅性能検査協会が一括借り上げに関する、幾つかの問題の相談を受け付けてくれるようになるとのことです。

相談のさいの料金がどれくらいになるかはわかりませんが、無料の相談コーナーもあるようですし、有料になるものでも、非営利法人なので、さはど料金が高くならないのではないかと思われます。(要確認)

いずれにしても、どうすれば良いのかのアドバイスを受けることはできるようですので、必要であれば活用してみられるのはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA