小規模マンションオーナーの日記


7月 27, 2017

田舎に移住して持ち家をもつことのリスク?

Pocket

 

小豆島画像

地方においては修繕されないままの家も少なくない。

ここしばらく分譲マンションブームのようなものが続いてきましたが、最近(2017年現在)は多少陰りが生じているようです。

というのもマンションに住むことの様々なリスクが意識されるようになったことがあるからかもしれません。

例えば修繕積立金、当初は1~2万円だったのが、突然3~4万円に上がったとか、同じマンションに迷惑な住人がいて困っているが、どうしようもないといった事があるかもしれません。

さらには理事会のメンバーに加わりたくない、マンションの規約が厳しくて窮屈だなど様々なリスクがあります。

それなら家を買えば良いじゃないかとなるかもしれません。

もちろん持ち家を持つことにはマンション暮らしにないメリットが多々あると思います。

特に広々とした住宅に住みたいならば、

田舎の中古の住宅を改修して田舎暮らしを楽しむことも

できると思います。

実際のところ人口減少に悩む田舎に比較的若い世代が移住するならば自治体をあげて歓迎してくれることでしょう。

しかし、すべてがバラ色、リスクがないわけではありません。

私の妻の実家が田舎にあるので、そこで感じていることをあげていきますと

まず第一に田舎の家は広くて住みやすいのかもしれませんが、当然、時とともに傷み修繕が必要になっていきます。

分譲マンション画像

市街地にある分譲マンション。

ということはマンション暮らしの時と同じように、将来の修繕に備えて、修繕費用を蓄えておかなければなりません。

しかも田舎となると修繕を行える工務店等も都会のようには多くありません。

田舎では競合業者が少ないないのです。

ということは

修繕費用が割高になる可能性があります。

もし遠方から工事に来てもらうとなると交通費も高くなり、宿泊費も発生する可能性があります。

ですから家の維持管理のための費用が想像以上にかかるかもしれません。

といっても田舎での収入源となると、農業かあるいはその地方に地場産業があれば、そこで従業員として働くか、ないしはネットを使った仕事をするかのいずれかでしょうが、大手企業に勤めていた時のような収入はなかなか得られないでしょう。

例えば農業をするにしても妻の実家が農家だったので、農家の実情がある程度わかりますが、農家の収入は不安定です。

よほど上手に切り盛りしていかないと儲かりません。

ですから都会でのマンション暮らしよりも、住まいの維持管理にお金がかかるかもしれず、しかも収入には限界があるということを考えると、地方での持ち家暮らしを行うにしても慎重な判断が求められます。

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA