小規模マンションオーナーの日記


1月 07, 2019

大東建託営業マンはやはりオーナーの味方?


花画像

賃貸住宅建設バブルのピークは越えた。

2018年から全体的に賃貸住宅の新規受注が下降線をだどっています。

このてんは大東建託や積水ハウスの公表されている業績からも明らかです。

そのようなさなか、最近ですが大東オーナー会/支部報告会/懇親会に出席してきました。

このような現状を大東オーナーにどのように説明するかと注目していましたが、このなかでは「昨年よりも建設受注が減った、将来的にも横ばいか、下降線をだどるかもしれない。今後はどうするかが課題だ」とは言いませんでした。

もちろん常識的にはそのように言うことはないと思いますが。

ではどのような説明だったか。

それは「2015年の相続税改正後に急速に受注が増えたが、その時のピークを越え今は安定期に入りました」といった説明でした。

たしかにこの説明のとおりです。

2015年から2016年ぐらいのアパート建設ラッシュは一時的なもので、今では落ち着くようになり安定期に入ったというのです。

しかしやはり業績への影響は如実に表れており、株価も2018年後半から大きく調整されました。

しかもそのことは大東建託だけでなく、他の建設会社でも同じような状況になっています。

そのことが反映されてか、今回の大東オーナー会/支部報告会/懇親会でのオーナーへの贈り物は昨年よりもダウングレードしたように感じます。

アパート画像

賃貸住宅最大手の大東建託設計施行管理の木造アパート。

このためにかける費用を多少減らしたのではないかとも思いました。

しかし毎年、昨年とは違った特色などを取り入れ内容が変化しているので、大東オーナー会/支部報告会/懇親会に出席して良かったかなとも思いました。

ところで今回は家賃がどのように決められるかについての説明がありました。

約50項目のてんがチェックされて家賃が決められるとの説明でした。

もちろん大東オーナーさんのなかには、所有物件の家賃が安いのではないかとの不満や疑念を持つ方も少なくないようですので、もう少し具体的に詳しく説明してほしいとも思いました。

また家賃を決めているのは大東建託パートナーズが決めているようですが、もしこの家賃に不満があるならば、大東建託パートナーズでなく窓口の支店となっている大東建託の営業担当者に不満を述べることができるということも知りました。

懇親会で同席した大東建託営業マンが「家賃のことでパートナーズと闘います」と言われましたが、大東建託の営業マンがパートナーズと交渉してくれることもあるようです。

やはり窓口の支店の営業担当者の存在はオーナーにとって重要なんだと思いました。

 

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA