小規模マンションオーナーの日記


3月 03, 2019

大東オーナーには心強いハウスコム!!


バラ画像

成長性で注目されている大東建託子会社のハウスコム。

賃貸住宅最大手の大東建託の創業者は多田勝美さんです。

現在は大東建託の経営にはかかわっていませんが、なぜ大東建託の経営から身を引いたのかは、様々な憶測が流れました。

例えば、大東建託の地主さんに賃貸住宅を提案していくビジネスモデルに限界を感じて身を引いたのではないかとか・・。

本当のことはわかりません。

ところで大東建託の子会社にハウスコムという会社があります。

賃貸仲介を行う会社ですが、首都圏や愛知県を中心に150店舗以上をかまえる賃貸住宅の仲介を行っている会社です。

大東建託の子会社なので、いい部屋ネットのDK SELECT物件を優先的に仲介しているのでしょうか?

ところでハウスコムの株主ですが2018年3月31日現在

大東建託 51.78%

ハウスコム従業員持株会 8.05%

となっているのですが、3番目の大株主が

なんと多田勝美さんの4.01%となっているのです。

どうやら大東建託の経営からは身を引いたといっても、大東建託グループから全く身を引いたわけではないようです。

もちろん経営に大きな影響を及ぼすことはできないかもしれませんが。

ところでハウスコムの株主ですが、4番以降は、個人の株主が名を連ねていますが、そのなかには、かつて大東建託の経営にかかわっていた方が幾人かおられます。

アパート画像

大東建託設計施工管理の木造アパート。

ということでハウスコムという会社はやはり大東建託色の強い会社ということになるのかもしれません。

ところでこのハウスコムですが今後の成長が期待されている会社でもあります。

というのも全国的には世帯数の減少の影響が生じてくることが予測されているなか、世帯数が将来的にも安定的に推移していくことが予測されている首都圏や愛知県に強みのある賃貸住宅仲介会社からなんだそうです。

さらにはかつては持ち家信仰の影響からか、中堅以上のサラリーマンが持ち家や分譲マンションを購入していたのが、最近は物件を所有することのリスクも認識されはじめたのか、賃貸住宅志向が強まってきているのも追い風になっているようです。

こうしたさなかハウスコムの賃貸住宅仲介件数は

1位 大東建託

2位 ミニミニ

3位 エイブル

ですがエイブルに次いで4位にランクされているとのことです。

おそらくはDK SELECT物件を優先的に仲介していくれているハウスコムの存在は大東オーナーにとっては心強い存在であるのかもしれません。

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA