小規模マンションオーナーの日記


10月 17, 2019

大東建託グループのアプリ どれくらい活用されている?


最近はスマートフォンやタブレットが普及し、これらの端末は日常生活においても欠かせないものとなってきました。

そこで銀行をはじめ、多くの業種でダウンロードできるアプリからサービスを提供しています。

このてんで賃貸住宅最大手の大東建託グループにおいても、入居者さんや大東オーナーのためにアプリを用意しています。

実際のところアプリの活用により、入居者さんやオーナーの利便性が向上するとともに、大東建託グループ側の人手による業務も簡略化できるというメリットがあるようです。

ところこのアプリですが、実際のところどれくらい活用されているんだろうと、考えていたのですが、大東建託のニュースリリース2019/10/1の『「大東建託アクセラレーター2019」日本一の大家さんと日本の暮らしを変える!』によると

当社運営アプリ会員(賃貸物件⼊居者様:550,116名、物件オー ナー様:51,048名)

引用:https://creww.me/ja/collaboration/kentaku-2019-10(アクセス日2019/10/8)

と書かれています。

まず入居者さんのためのアプリについてですが、約55万人ということです。

アパート画像

大東建託設計施工管理の木造アパート。

この数字が多いか少ないかは意見の分かれるところです。

管理戸数の約半分程度ということです。

ただこのアプリについては、非常に便利です。

入居者さんが、このアプリをダウンロードしていて損なことはありません。

ただ半数止まりになっているのは、入居者さんのなかには、ずっと大東建託グループの物件に住むつもりではないという方も少ないこと、忙しすぎてそうするだけの余裕がないこと、電子機器は使わない、あっても使うのが苦手ということがあるのかもしれません。

しかし大東建託パートナーズとの連絡が、このアプリがあるととても便利ですので、その活用は是非お勧めしたいと思います。

ところでオーナー側のアプリですが、約8万6千人のオーナーに対して約5万人がダウンロードしているということは、意外と多いように感じます。

けっこう高齢なオーナーさんも少なく、アプリのダウンロードということの意味もわからない方も少なくないなかで、これだけのオーナーさんがダウンロードしていたとは。

もちろんオーナーのためのアプリは大東マイページをパソコンで見るのと内容は同じで、便利な点は、外出先でも大東マイページを見ることがこと、さらにクラブオフのクーポン等を活用しやすいというてんがあるぐらいです。

ただ私個人もアプリはダウンロードしていますが、クーポンはもっと割引率の高いサービスが他のサイトにありますので、活用したことはありません。

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA