小規模マンションオーナーの日記


7月 22, 2018

マンション高層階は地震に弱い😿


バラ画像

マンション高層階は人気の物件だが・・。

私の所有マンションでもそうですがエレベーターが設置されているマンションの場合は、家賃は2階よりも3階、3階よりも4階が多少高くなります。

間取りは同じでも上階ほど家賃が高くなります。

それだけ日本の場合は、上階のほうが魅力的だと思われているからだと思います。

このような傾向は分譲マンションやタワーマンションでも如実に表れていて、上階にいくほどマンション価格が高くなる傾向があります。

なぜ上階のほうに魅力があるのか?

おそらくは眺望が良いということが、その理由かもしれません。

ところで2018年6月18日に発生した大阪北部地震ですが、被害が徐々に明らかになっています。

とりわけ知人などの話を聞いていると、はっきりとわかってきたのはマンション高層階の部屋ほど家具が倒れた、あるいはテレビがひっくり返ったなどの被害の度合いが大きかったようです。

私が住んでいたのは4階でしたが、4階の場合は、置物などが落ちた程度で、家具やテレビが倒れるということはありませんでした。

一方ですぐ近くの高層マンションに住んでいる知人宅では、家具やテレビがひっくり返り、部屋の中が滅茶苦茶になっているというのです。

私のエリアでは震度5程度の揺れでしたが、それでもマンション高層階では、それ以上の揺れが生じているようなのです。

分譲マンション画像

マンションの高層階は地震に弱い。

例えば震源に近い、高槻市や茨木市では、このたびの地震ではかなり揺れましたが、震源地から多少離れた西宮市でも、震度は4~5程度だったと思われますが、マンション高層階ではかなり揺れたようで、部屋がぐちゃぐちゃになったという話を聞きましたが、マンション高層階では震度4程度の地震でも、部屋のものがひっくり返るほどに揺れることがあるようです。

 

ところで高層階が地震に弱い、もう1つの理由は地震発生と同時にエレベーターが停止するというてんです。

もしも非常用エレベーターが設置されていなければ、高層階に住んでいる場合は復旧するまでの間、階段を上り下りしなければなりません。

しかも都市部での大きな地震の場合には、エレベーターの台数が多いので、エレベーターのエンジニアが復旧点検工事のために訪問するまでに、しばらく時間がかかります。

例えば私の所有マンションでは、復旧したのが地震発生の翌日のお昼でした。

さらに近くのエリアの7階建ての知人が住んでいる分譲マンションでは、地震発生当日から翌日にかけての真夜中に復旧されたと言っておられました。

エレベーターを復旧させるための作業員も、この時は徹夜で作業にあたっておられたようです。

このように地震発生からエレベーターは停止し、エンジニアによる安全点検が行われるまでは、エレベーターが使用できなくなるというデメリットがマンション高層階の住民には生じます。

 

いずれにしても資産価値が高いマンション高層階ですが、地震には弱いというデメリットがあることを認識しておく必要はあるでしょう。

 

 

追伸:マンション中層階においては、壁に大きなヒビが入ったり、熊本地震では中層階がつぶされたケースもあるようです。中層階も決して安心だというわけではないようです。 また地震に襲われた後に生じるであろう出来事については以下の記事をご覧ください。

 

2018年6月18日の朝8時前の事でしたが、突然に大きな揺れが生じました。

とにかく激しい揺れです。

大きな地震だー、と思ったものの、動くことができず、じっとしていました。

揺れがおさまってからテレビをつけて状況を確認しようとすると、ほとんどの放送局で地震速報の番組に切り替わっており、改めて大変な事態が生じていると実感。

しばらくして、所有マンションの状況も気になりだして外に出て見回ってみました。

さいわい目視では、損傷や外壁の剥がれなどもなく一安心、周辺の住宅にも建物損傷はほとんどなかったようです。

しかしあれだけの地震です。

やはり種々のトラブルが発生しました。

まずは

エレベーターが停止し動かなくなりました。

どうやら今のエレベーターは一定の揺れを感知すると停止するようになっているようです。

そしてエレベーターが復旧するためには、エレベーターの管理会社のエンジニアの点検が行われたあとでないと停止状態が解除されないようなのです。

そこでエレベーターの管理会社に何度も電話をかけましたが、全く繋がりません。

電話回線がパンク状態になっていることにもよりますが、電話回線が繋がるようになってきた時間帯に電話しても電話応対が殺到しているのか、繋がりません。

分譲マンション画像

高層マンション。非常用エレベーターが設置されている場合もあるが、通常のエレベーターは地震で停止する。

そこで仕方なく大東建託パートナーズに電話をかけて状況を説明すると

「今はどこのエレベーターも停止していて順次復旧させています。しばらくお待ちください」

とのこと。

結局は地震の起きた当日には復旧することはありませんでした。

このような時にエレベーターに依存した生活をしていると大変だということを実感しました。

 

ところでガスも停止しましたが、ガスはしばらくして復旧したようです。

しかしガスを各家庭で復旧させるためには、各家庭のガスメーターに一定の操作を各家庭で行わなければ復旧できないことを今回の事例で知ることができました。

このことを知らない方も多いようなので、私もマンション入居者の見えるところに、ガスを再開する方法について書いた貼り紙を掲示することにしました。

 

そして今回わかったさらに別の事柄ですが、緊急地震速報は直下型の地震の場合は、地震発生前でなく地震が生じたあとに鳴ることがわかりました。

ということは直下型の地震の場合は緊急地震速報の効果が半減するということです。

 

それにしても23年前の阪神大震災も体験しましたが、揺れそのものは当時の揺れと同じぐらい揺れたように感じました。

しかし周辺の被害は当時と比べると、かなり軽微だったので、当時よりも建物の耐震化が進んだことや地震への備えや認識が強化され、それらが被害を最小に抑えることができたのかなあとも思います。

それから保険料は高いですが地震保険には必ず加入しておきましょう。

 

 

地震のためにエレベーターが停止した場合、復旧までにかかった時間などについては以下の記事をご覧ください。

 

6月18日朝に大阪北部で発生した直下型地震は阪神地区でも大きく揺れました。

今回の地震もかなり揺れましたが、しかし23年前の阪神大震災よりも人命や建物被害というてんでは、かなり小さかったように思います。

私の所有物件も激しく揺れましたが、それによる損傷はなかったようです。

一方で、今回の地震で最も大きな影響が及んだのが、鉄道や高速道路、そしてエレベーターやエスカレーターです。

地震の揺れの後、新幹線を含むすべての鉄道が京阪神地区においてストップしました。

さらに高速道路も通行止めになり、一般道は大渋滞となります。

まさに交通網が麻痺してしまいました。

さらに地震当日に最寄駅の近くを通ると、駅には運行再開を待つ人でいっぱいになっていますし、普段は乗客待ちをしているタクシーが並んでいるタクシー乗り場が、タクシーを待つ人でいっぱいになっていました。

普段ではありえない異様な光景でした。

ところで身近なところで困ったのが

エレベーターが停止したことです。

おそらくは、すべてのエレベーターが停止し、利用できなくなったことと思います。

私の所有マンションにおいてもエレベーターが停止し、動かなくなってしまいました。

分譲マンション画像

地震発生時にエレベーターは停止し、安全が確認されるまで動かない。

この場合、通常はエレベーター管理会社のエンジニアによる安全点検が行われなければ、エレベーターは復旧しません。

そこで私も、いつ復旧するのかも知りたかったので、エレベーターに表示されているエレベーターの管理会社の電話番号に電話をかけてみましたが、混雑しているためか、全く繋がりませんでした。

結局は、地震当日はエンジニアが来ることもなくエレベーターは止まったままでした。

そして次の日となりましたが、朝に今度はエレベーター管理会社のホームページを調べて、お問い合わせの電話番号を見つけて、エレベーターに表示されてるのとは別の電話番号に電話をかけてみることに。

フリーダイヤルなので、おそらく今回も繋がらないと思いながら、電話をかけてみると意外とすんなりと繋がりました。

そして状況を説明すると

「いつ復旧できるかは、なんとも言えませんが、順次復旧させていますのでお待ちください」

とのことでした。

その後、当日の昼過ぎ頃にエンジニアの方が来られて、エレベーターは無事復旧しました。

復旧までに

約一日半かかりました。

今回の出来事から、地震によるエレベーター停止の場合は

①復旧までには、それ相応の期間がかかること。

②エレベーターに表示されている電話番号にかけても、地震発生時の場合は混雑してかからないことがあること。よってエレベーター管理会社に繋がる他の電話番号を知っていると連絡できる場合がある

といったてんに気づかされました。

もちろんエレベーターが停止するほどの地震は、滅多には起きませんが、万が一の時の対処法として知っておくと助けになることと思います。20/10/8

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA