小規模マンションオーナーの日記


7月 11, 2016

人気があるグレード設備のマンション

Pocket

アパート画像

完成間近の大東建託設計施工管理のアパート。

昔のアパートといえば、トイレは共同トイレ、そして浴室はないといったアパートが数多くありましたが、今ではそのようなアパートはほとんどみかけなくなりました。

そして今では、設備がある程度、充実していなければ、なかなか入居者が見つからないのです。

私の近隣エリアのアパートマンションも以前はオートロック式でなかったのが、オートロック式のマンションに改装したり、と設備の充実を図っているマンションも少なくありません。

 

入居者は設備充実型の部屋を望んでいる

私の知人が住んでいるマンションはもともと事務所を住居用に改装した部屋に住んでいるのですが、元事務所だっただけあり部屋そのものは、かなり広いのですが、設備面になると、洗面器と便器が一体のユニットバスであまり充実していないというのが実情です。

よって家賃はこのエリアの相場と比較して破格の安さの38000円そして管理費は0円です。

つまり今の時代は、ある程度、設備が充実していなければ、十分な家賃をいただくことができないのです。

部屋の広さも家賃にある程度、反映されますが、部屋が広ければ良いというわけではなく、設備が充実していなければ部屋の広さは、さほど大きな魅力にはならないようです。

では具体的にどのような設備が求められているのでしょうか。

花画像

人気の設備が充実した物件でなければ、入居者が決まらない場合もある。

まず一時期流行した洗面器、便器が一体のユニットバスですが、今はほとんど人気がないようです。

誰かが入浴中であるならばトイレが使えないという理由からだそうですが、それぞれ独立タイプにする必要があるようです。

そして浴室にはシャワーを付けるのが条件です。

私はシャワーそのものはあまり使いませんが(洗面器で浴槽の水を汲んで体にかけるので)しかし私より若い世代はシャワーを必要としているのでしょうか。

また最近はコンセントの数が必要になってきました。

パソコンや周辺機器がコンセントを必要としていますし、なにせ電源を必要とする機器がやたら多くなっています。

正直、私の住んでいる部屋もコンセントは不足気味で、たこ足配線状態になっています。

つまりコンセントの数の充実も求められているといえるでしょう。

いずれにしても、どのような設備が求められているかは建設会社もよく熟知しているものと思われます。

アパート事業を行っていくうえで、メーカーからの設備に関する提案があれば可能であれば受け入れていきたいものです。

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA