小規模マンションオーナーの日記


7月 18, 2016

賃貸アパート入居者が必要としている設備 

Pocket

アパート画像

大東建託設計施行管理のアパート。入居率は高水準を維持している。

最近はオートロックのアパートあるいはマンションが増えてきました。

なかには以前はオートロックでなかったアパートが最近、改装工事を行ってオートロックアパートになったところもあります。

最近の入居者の傾向としては比較的、長期間住むことを前提に賃貸物件を選んでいること、そのためには気に入った設備が整っていることが、入居を決める判断材料になっているようです。

そして単身者向けアパートの入居者の求めている設備の1つがセキュリティに関する設備です。

というのも

多くの入居者がセキュリティの整った物件を求めている

からです。

セキュリティ賃貸を謳い文句に宣伝しているハウスメーカーもありますが、現在のアパートやマンションには必須の設備になりつつあります。

例えばオートロックによって完全にセキュリティが確保されるわけではありませんが、しかしオートロックであることによる安心感といったものはあります。

セールス等の訪問者が多い中、オートロックならば断わりやすいですし、部屋の中に入り込まれる心配もほとんどありません。

またオートロックアパートはセールス等の訪問者も訪問しにくく訪問者数も減ることでしょう。

そしてさらなるセキュリティの充実を図って防犯カメラを設置するならばさらに入居者さんに安心感を与えることでしょう。

もちろん防犯カメラを設置するとなるとアパートオーナーにそれなりの費用負担が発生することにもなります。

花画像

入居者ニーズにかなった設備の整ったアパートは高い入居率を維持できるかもしれない。

さらに最近の入居者の求めている設備に浴室乾燥機があります。

この設備が求められているのは私の経験則からもわかります。

私の所有物件で修理依頼が多い設備の1つが浴室乾燥機なのです。

つまり入居者さんは浴室乾燥機をよく活用されているのです。

確かに冬場や雨の多い時期はベランダに洗濯物を干しにくいですし、女性入居者になると、むやみやたりにベランダに洗濯物を干すのを嫌がる人もいるようです。

浴室乾燥機があるかどうかで入居を判断する方も、今後は増えていくものと思われます。

今回は入居者さんが賃貸住宅に求めているものとしてセキュリティと浴室乾燥機の2点を取り上げました。

この情報はアパート経営者だけでなく、これから賃貸物件を探そうとしている方にも参考になればと思っています。

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA