小規模マンションオーナーの日記


10月 12, 2016

不動産投資のリスク 出口が取れない

Pocket

ポスト画像

空室の多いマンション。売却しようにも売却できないと最悪の事態が・・。

将来の値上がりを見込んで、大金をはたいて株式を購入したもの、値上がりするどころか、大きく値を下げ、しかも株式会社の業績悪化のために配当金もない。

売るにも売れず、遠い将来に値上がりすることを期待して株式は塩漬けにする。

株式投資における最悪の状況です。

しかしこれと同じような状況は、不動産投資においても生じえます。

まずあるアパートを購入ないしは建てたものの、空室がなかなか埋まらず、家賃収入が期待していたように入らない。

そこでしばらくしてからアパートを売ろうにも、購入時の価格よりも大幅に下げなければ売れない。(買い手が見つからない)

自分でオーナー使用部屋として活用することもない。

これこそまさに不動産投資の最悪の状況、まさに失敗といえる状況です。

さらに株式の場合は、塩漬けにした状態でもなんらかの費用がかかるわけではありませんが、不動産の場合はアパートを持っているだけで、固定資産税やその他の出費が求められます。

そのようなてんでは不動産投資は株式投資よりもリスクが大きいといえるでしょう。

ではどうすればこのような事態を避けることができるでしょうか。

いずれにしても不動産投資をする前に慎重に、今投資して本当に成功するかどうかを慎重に検討する必要があります。

花画像

不動産のリスクは株式のリスクよりも大きくなる場合がある。

そこで検討すべき事柄その1として

自己都合で購入しようとしていないか

例えば「目が届きやすい物件だから」とか「代々の土地なのでアパートを建ててみよう」ただそれだけの理由で投資するならば失敗する可能性があります。

もしその物件がアパート需要があまりない土地であるならば、建てたところで空室問題に悩まされることになります。

もちろん相続税対策などの、あくまでも節税目的だけでアパート購入をするならば、それでもかまわないかもしれませんが。

 

さらに検討すべき事柄その2として

借り手のニーズを考慮しているだろうか

自分好みの設備や間取りが、借り手のニーズと合致しているとは限りません。

その時代にあったニーズがあります。

もちろんこのてんでは、多くの場合、大手ハウスメーカーは借り手のニーズが何かをよくつかんでいることと思います。

間取りや設備については、大手ハウスメーカーの提案などを、よく考慮するのが無難ではないかと思います。

いずれにしても不動産の投資は個人で行う場合、生涯においての大きな買い物であると同時に、あまり多く行なえるものでもありませんので、軽率に事を進めるのではなく慎重に考慮するのが大切だと思います。

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA