小規模マンションオーナーの日記


8月 27, 2018

かつては優等生とまで言われたあの銀行が・・

Pocket

花画像

かつては地銀の優等生とまで言われていたスルガ銀行だったが・・。

銀行員の給料は他の業種よりもやや高いことで知られていますが、この銀行のなかでも突出して高給を支払っていたのが、あの地方銀行スルガ銀行です。

あのシェアハウス融資トラブルが明るみになるまでは、三菱UFJ銀行や、三井住友銀行とほぼ同じレベルの給与水準だったようです。

さらに地銀の優等生とまで言われて称賛されていた銀行でした。

あのスルガ銀行がシェアハウス融資トラブルが明るみになってからは踏んだり蹴ったり状態です。

今では優等生どころか不正まみれの銀行という汚名が着せられています。

このてんで朝日新聞2018年8月26日の「シェアハウス融資、99%承認 スルガ銀、審査機能せず」という記事には

スルガ銀行(静岡県沼津市)のシェアハウス投資向け融資で多数の不正があった問題で、融資審査で約99%の案件が承認されていたことがわかった。審査が機能せず不正を見逃し、2千億円超のシェアハウス関連融資額に対し、400億円超の焦げ付きが懸念されている。

引用:シェアハウス融資、99%承認 スルガ銀、審査機能せず

と報じました。

正直、最近は主要メディアによるスルガ銀行についてのネガティブなニュースは、次から次へと報じられ「またか」という感じですが、それにしても事実上審査もせずに融資を行っていたとは、それでは昔の消費者金融よりも、お金を借りやすいということだったのでしょうか。

地方銀行画像

地方銀行の存続が危ぶまれている。

それにしても、かつての優等生スルガ銀行株も2500円から最近は500円レベルにまで下がり、株主の怒りも収まらないことでしょう。

ここまで凋落したならば、もはやどこかの銀行に救済合併してもらうということも選択肢の1つになるかもしれません。

そうなるとスルガ銀行員が大変なことに・・。

ところでかつて都銀の優等生と言えば大阪資本の三和銀行がありました。

私も顧客の1人として、思い入れのようなものがありましたが、金融再編の失敗や不良債権問題にもつまずき、今では事実上三菱財閥に吸収されてしまったようで、多くの三和銀行ファンがガッカリしたことがあります。

その三和銀行よりも状況が悪いのがスルガ銀行です。

やはりどこかの金融機関に吸収されるしかないのでしょうか。

スポンサーリンク


Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA