小規模マンションオーナーの日記


7月 16, 2018

エレベーター停止から復旧までに一日半!!

Pocket

 

花画像

火災時や地震発生時にエレベーターは停止する。

6月18日朝に大阪北部で発生した直下型地震は阪神地区でも大きく揺れました。

今回の地震もかなり揺れましたが、しかし23年前の阪神大震災よりも人命や建物被害というてんでは、かなり小さかったように思います。

私の所有物件も激しく揺れましたが、それによる損傷はなかったようです。

一方で、今回の地震で最も大きな影響が及んだのが、鉄道や高速道路、そしてエレベーターやエスカレーターです。

地震の揺れの後、新幹線を含むすべての鉄道が京阪神地区においてストップしました。

さらに高速道路も通行止めになり、一般道は大渋滞となります。

まさに交通網が麻痺してしまいました。

さらに地震当日に最寄駅の近くを通ると、駅には運行再開を待つ人でいっぱいになっていますし、普段は乗客待ちをしているタクシーが並んでいるタクシー乗り場が、タクシーを待つ人でいっぱいになっていました。

普段ではありえない異様な光景でした。

ところで身近なところで困ったのが

エレベーターが停止したことです。

おそらくは、すべてのエレベーターが停止し、利用できなくなったことと思います。

私の所有マンションにおいてもエレベーターが停止し、動かなくなってしまいました。

分譲マンション画像

地震発生時にエレベーターは停止し、安全が確認されるまで動かない。

この場合、通常はエレベーター管理会社のエンジニアによる安全点検が行われなければ、エレベーターは復旧しません。

そこで私も、いつ復旧するのかも知りたかったので、エレベーターに表示されているエレベーターの管理会社の電話番号に電話をかけてみましたが、混雑しているためか、全く繋がりませんでした。

結局は、地震当日はエンジニアが来ることもなくエレベーターは止まったままでした。

そして次の日となりましたが、朝に今度はエレベーター管理会社のホームページを調べて、お問い合わせの電話番号を見つけて、エレベーターに表示されてるのとは別の電話番号に電話をかけてみることに。

フリーダイヤルなので、おそらく今回も繋がらないと思いながら、電話をかけてみると意外とすんなりと繋がりました。

そして状況を説明すると

「いつ復旧できるかは、なんとも言えませんが、順次復旧させていますのでお待ちください」

とのことでした。

その後、当日の昼過ぎ頃にエンジニアの方が来られて、エレベーターは無事復旧しました。

復旧までに

約一日半かかりました。

今回の出来事から、地震によるエレベーター停止の場合は

①復旧までには、それ相応の期間がかかること。

②エレベーターに表示されている電話番号にかけても、地震発生時の場合は混雑してかからないことがあること。よってエレベーター管理会社に繋がる他の電話番号を知っていると連絡できる場合がある

といったてんに気づかされました。

もちろんエレベーターが停止するほどの地震は、滅多には起きませんが、万が一の時の対処法として知っておくと助けになることと思います。

 

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA