小規模マンションオーナーの日記


7月 12, 2020

家具家電のサブスクリプション 大東建託物件入居者なら割引


最近はサブスクリプションの利用者が増えているといわれています。

ウィキペディアにはサブスクリプションについて

サブスクリプション方式(サブスクリプションほうしき)はビジネスモデルの1つ。商品ごとに購入金額を支払うのではなく一定期間の利用権として料金を支払う方式。契約期間中は定められた商品を自由に利用できるが期間がすぎれば利用できなくなるのが一般的である。

サブスクリプション方式

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/サブスクリプション方式(アクセス日2020/6/30)

と書かれています。

このように一定期間の利用権として料金を支払へば契約期間中は定められた商品を自由に利用できるというサービスで、一時的に集中して使用したい場合などは、便利でしかもコスト的にも安く抑えることができるサービスです。

 

ところで大東建託物件入居者向けサービスとして定額制の家具・家電利用サービスが提供されるようです。

大東建託のニュースリリース2020/6/30の「定額制の家具・家電利用サービス「subsclife」を7月1日より提供開始  入居者様のライフスタイル変化に合わせ、住まいを自由にプランニング」という記事でそのことが報じられました。

どうやら定額制の家具・家電利用サービス「subsclife」を大東建託物件の入居者の場合には、通常の5%割引で利用できるということのようです。

アパート画像

いい部屋ネットの大東建託設計施工管理の木造アパート。

5%ということですから、さほどお得感というものは、あまりありませんが、しかし家具家電のサブスクリプションというものがあるのかと気づかされました。

そこで実際にsubsclifeのウエブサイトからどのようなサービスがあるのかを調べてみますと、

電気炊飯器 月額 ¥700円~となっています。

もし2年借りるとするならば¥16800円となります。

ベッド 月額 ¥1650円~となっています。

もし1年借りるとするならば¥19800円となります。

この価格に消費税がかかるとともに、大東建託物件入居者の場合は5%割引となります。

これをお得とみるかどうかは・・。

 

そして返却期間が来れば

・返却するか

・継続するか

・購入するか

のいずれかの選択ができることになっています。

 

さらに商品については火災、台風、大雨による水害などの災害に加えて、取扱い不注意による破損が起きてしまった場合でも、subsclife負担で修理を行ってくれるようです。

このてんはとても魅力的かもしれません。

なので商品もテーブルやデスク、いす、ベット、家電と様々な種類のものがあるので、賢く活用することによって、このサービスのメリットを享受できることでしょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA