小規模マンションオーナーの日記


5月 28, 2018

スルガ銀行のアパートローンが焦げ付き懸念😟


アパート画像

比較的安全といわれるアパートローンも焦げ付くことがある。

銀行がアパートローン融資をするさいには、アパートやマンションを担保にして融資しますので、多くの場合はアパートローン融資は銀行にしてみれば、安全な融資先になるようです。

万が一、返済が滞った場合は、担保を押さえればよいので、銀行が負う傷は最小限に抑えられます。

しかしシュアハウス「かぼちゃの馬車」の物件オーナーへの主な融資銀行のスルガ銀行の「かぼちゃの馬車」物件オーナーへの融資については、事情が異なるようです。

というのも産経新聞2018年5月1日の「「かぼちゃの馬車」破綻直撃…スルガ銀に厳しい視線 株価、3カ月で一時半分以下に」という記事には

地方銀行のスルガ銀行に対する投資家の目が厳しさを増している。・・業績への懸念から株価は3カ月で一時、半分程度まで落ち込んだ。所有者は金利引き下げやローン見直しを求めており、スルガ銀の対応が注目されている。対応次第では、業績にさらなる影響を及ぼしそうだ。・・スルガ銀は約700人の所有者の大半に1億円以上を貸し出している。平成29年3月期連結決算の最終利益が前期比16.0%増の426億円と、5年連続で過去最高を更新するなど好調だったが、融資の回収が困難になれば業績への悪影響は避けられない見通しだ。

 

引用 https://www.sankei.com/economy/news/180501/ecn1805010002-n1.html(アクセス日2019/5/28)

と書かれていました。

花画像

アパートローンが焦げ付くことがある。

この産経新聞の記事にありますように、「かぼちゃの馬車」物件オーナーへの融資の回収が困難になる可能性があるというのです。

もしもその通り回収ができなくなるならば、約700人以上の物件オーナーに、大半は1億円以上を融資していると新聞の記事には書かれていますので、仮に全融資額が1000億円とすると最悪の場合1000億円が焦げ付くことになるということになるかもしれません。

もちろん担保物件を押さえるなどして、実際の損失額は1000億円ということはないと思われますが、それでも数百億円以上の損失が生じるものと思われます。

新聞の記事によるとスルガ銀行の平成29年3月期連結決算の最終利益が426億円ということですから、今回の出来事で、平成29年3月期の最終利益のほとんどが、損失の埋め合わせに使われてしまう可能性もあります。

ということでスルガ銀行への投資家の評価が厳しくなり株価が大きく下がっているようです。

いずれにしてもスルガ銀行が過度の利益追求のあまり多少無理をしたことへの、ツケを支払わなければならなくなっているようです。

 

追記:あれからしばらくが経過しましたが、スルガ銀行の経営陣は交代し、新経営陣が旧経営陣に含まれていた創業家を訴える事態にまで発展しています。

スルガ銀行といえば、かつては、不動産担保融資に積極的で、他行ではあつかってもらえないような案件でも、融資してくれる銀行でした。

その反面、金利が他行よりも高く、消費者金融に近いような銀行で、高金利のためか非常に利益を上げ、行員さんの給与水準も、地方銀行でありながら都銀をしのぐトップクラスの給与水準を誇る銀行でした。

しかし今は行員さんへの給与はどうなったのでしょうか。

さらにスルガ銀行の不祥事をきっかけにして、金融庁の不動産担保の監視が強化され、全体的に審査が厳格化されたようです。

とにかく不動産担保融資の審査が、非常に甘く、ほぼ100%近く、融資が行われていたこともわかってきており、とにかく、どんどん融資をして高金利ゆえに大きな儲けをだすというビジネスモデルがもはや通用しなくなってしまったようです。

今後は他社の支援を受けながら経営の立て直しを行っていくようですが、もはや昔のように、他行で断られたらスルガ銀行に頼るということはできなくなったようです。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA