小規模マンションオーナーの日記


7月 14, 2018

高い入居率を維持して勝ち組大家に!!


 

花画像

勝ち組大家になるためには高い入居率を維持する必要がある。

勝ち組大家は1割!!

このようにも言われるぐらい、大家として成功し続けるのが困難な時代となってきました。

多くの大家さんが空室問題に悩まされ、利益のでない賃貸住宅経営を強いられているようです。

ではどうすれば1割にすぎない勝ち組大家になることができるのでしょうか。

そのためには、やはり高い入居率を維持した賃貸住宅経営を続けていくことが肝心です。

そしてそのために行える施策は幾つかあります。

その施策は大きく分けて

①借り手にアピール(入居斡旋力)

②魅力を高める

③長く入居してもらう

に分けることができます。

ではまず

①借り手にアピール(入居斡旋力)

ですがなんといっても、まずは入居者募集をしていることを広く知らせなければなりません。

そのためには、できるかぎり多くの仲介業者に入居斡旋を依頼することができるでしょう。

もちろんこのことは物件の管理会社が行ってくれるかもしれませんが、個人的にも行える事柄があるでしょう。

例えば会う人に、入居募集をしていることを、こまめに知らせることができます。

案外と知人の場合は、そのことを知ればそれが記憶に留まり、知人の知り合いで部屋を探している人を紹介してくれるかもしれません。

つまりは管理会社任せするのではなく、自らもできる範囲で営業活動を行うことです。

アパート画像

積水ハウス設計施工管理のシャーメゾン。賃貸需要があるエリアに多い。

さらに

②魅力を高める

というてんですが、リノベーションを行うなどして物件の魅力アップを図ることです。

例えばインターネットを無料で使用できるようにするとか、ペット飼育可にするといったことができます。

リノベーションには、それなりの費用がかかりますが、しかし入居斡旋力を強化するううえでは、とても効果的な方法で、しかも家賃の下落を防ぐ効果もあります。

そして最後に

③長く入居してもらう

というてんですが、このてんでは管理会社による入居者向けサービスにも左右されるかもしれません。

例えば大東建託パートナーズなどの大手の管理会社では、入居者に長期入居してもらえるようにするために、種々のサービスを提供しています。

さらには入居者同士の交流を図るなどの企画も効果があることでしょう。

 

このように高い入居率を維持するために行える施策について取り上げましたが、行える事柄があるならば、行わないよりも行ったほうが、勝ち組大家になる確率を高めることでしょう。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA