小規模マンションオーナーの日記


9月 02, 2017

都銀よりも給料が高い地方銀行が幾つもある!!

Pocket

地方銀行画像

みなと銀行。神戸に本店がある地方銀行。

小規模ながらもマンションオーナーをやっていると、アパートローンを借りている銀行員とは、親しくなっていくものです。

そして、この担当の銀行員、給料をどれぐらいもらっているのかなあと考えてしまうこともありますが、もちろんそのような事柄を尋ねことはありませんし、銀行員のほうから話すこともありません。

ところでビジネスジャーナルの2017年8月7日の記事に、日本の銀行の給料ランキングが掲載されました。

このランキングを見るまでは、ランキング上位は都市銀行が独占しているんだろうと思っていました。

では最も平均給料が高い銀行はとなるとビジネスジャーナルの「高額平均給与・銀行ランキング公開…トップは三井住友、38歳未満でも814万円」という記事によると

(最終閲覧日2018/4/21)

となっています。

この結果はわかるような気がします。

というのも昔は住友銀行といえば、仕事のノルマが厳しく、大学卒の行員の半数程度が、ついていくことができずに辞めていくことで知られている銀行だったからです。

支店長クラスでも自殺者がでるほどの厳しい銀行といわれていますから、当然、行員として残っているのは仕事ができる行員のみで、おのずと平均給与も高くなって当然です。

もちろんあれから、さくら銀行と合併し、多少は銀行の体質も変わったのかもしれませんが。

花画像

都銀だからといって必ずしも給料が高いというわけではない。

ところで上記のビジネスジャーナルによると2位以下は

2位 東京スター銀行 812万2000円 3位 スルガ銀行 810万6000円 4位 あおぞら銀行 791万円 5位 三菱UFJ銀行 773万円8000円

となっています。

このランキングによると意外にも東京スター銀行やスルガ銀行がトップクラスの給与を得ていることがわかります。

他にも

7位 静岡銀行 763万7000円 9位 千葉銀行 732万7000円 10位 阿波銀行 726万500円

となっており、さらに11位から23位までを地方銀行がランクインし24位に都市銀行の

24位 りそな銀行 658万1000円

といなっています。

このように都市銀行のりそな銀行よりも平均給与が高い地方銀行が19行もあるのです。

地方銀行といえば、継続的な低金利時代のために、収益減少に悩まされ、他行との合併を模索しているといわれていますが、地方銀行でも一部は高収益をあげているところもあるんだなあと思いました。

それにしても私がお世話になっている、りそな銀行、応援していますがもっと頑張ってほしいですね。

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA