小規模マンションオーナーの日記


5月 05, 2016

良い物件を賃貸するためには不動産屋選びが肝心

Pocket

賃貸アパート画像

大東建託施行管理のアパート。

賃貸住宅大手といえば、大東建託、大和ハウス工業、レオパレス21ですが、

ダイワハウス、大東建託、レオパレスですが、これらのメーカーの賃貸住宅に入居したい場合どうするでしょうか。

ますはダイワハウスですがダイワハウスはdroom賃貸を提供しています。

それではdroomに入居したい場合どうするでしょうか。

ダイワハウスの支店に行くでしょうか。

ダイワハウスの支店に行くにしてもどこにあるかもわかりませんし、住みたい場所の近所には見当たりません。

ではどうするでしょうか。

おそらく近所の信頼できる不動産屋に行ってdroomを紹介してもらうことでしょう。

次にレオパレスですが

レオパレスの営業所はけっこうたくさんありレオパレスに入居したい場合は、レオパレスの営業所に行くことが多いかもしれません。

一部のオーナー評は芳しくありませんが、入居に関しては気軽に賃貸できそうな物件が多く賃貸に関しては人気があります。

そして、いい部屋ネットの大東建託ですが

大東建託は賃貸管理戸数は現在NO1メーカーですが、支店となるとあまりありません。

私の物件も大東建託物件ですが、ほとんどの入居者はミニミニやセンチュリー21,賃貸住宅サービスといった地元に店をかまえる不動産屋さんで入居契約を結んでいるようです。

ですから

ほとんどの入居者は地元の不動産屋で入居を決めている

それで良い物件に入居するためのポイントの1つは信頼できる不動産屋を選び、その不動産屋さんに足を運びよく相談することにあるようです。

 

ところで地元の不動産屋といっても、大々的なチェーン店もあれば、地元のみの老舗のような不動産屋もあることでしょう。

そのなかで

エイブルは大手ハウスメーカーの物件を扱っていません。

多くの不動産屋でdroomや、大東建託物件を扱っているなかで、エイブルでは扱っていないようです。

というか不動産業界の中にあってエイブルは異端的な存在になっているようです。

もちろんソフトバンク系の不動産屋で、それなりのスキルのある不動産屋でエイブルでしか扱っていないそれなりの物件もかかえています。

しかし物件の選択肢というてんでは他の不動産屋さんよりも少ないかもしれません。

物件を捜すさいには、エイブルと他の不動産屋と巡ってみて、適切な物件を選ぶというのも1つの手段になるかもしれません。

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA