小規模マンションオーナーの日記


7月 25, 2016

安心して駐輪できるマンションが増えている

Pocket

積水マンション画像

積水ハウス設計施工のマンション。

近年、市街地において。お手軽で便利な乗り物といえば自転車です。

とにかく燃料費がいらない、適度な運動になる、一方通行の規制にひっからないなどの様々なメリットがあります。

よって自転車を購入し利用している方はとても多いと思いますが、問題もあります。

例えば戸建て住宅であるならば、敷地内に駐輪スペースを確保し、自転車の盗難が発生しやすい深夜などは、門扉に施錠をしているならば、通常は鍵を壊したり、塀を乗り越えてまでも自転車を盗む人はほとんどいません。

しかしアパートやマンションそして団地などの集合住宅になると事情が異なってきます。

このような集合住宅の場合、駐輪スペースは多くの場合、屋外にあります。

そしてだれしもが出入りが自由に行えるのです。

よって屋外の駐輪スペースに置かれている自転車は盗難にあったり、いたずらされたりすることがあるのです。

私の近隣エリアのマンションにおいても、マンション内に駐輪していた自転車が盗難にあったこと、注意するようにとの注意喚起が掲示板でなされていることがあります。

特に近年は、電動自転車やスポーツタイプの自転車などの高額な自転車も多くみられます。

花画像

建物内の安全な場所に駐輪スペースが設置されているマンションも少なくない。

 

その場合、盗難を恐れて自転車をエレベーターに乗せて自分の部屋の手前に自転車を持って上がっている方も少なくありません。

マンションの規則で、自転車を建物内への持ち込みが禁止されている場合もです。

では解決策はあるのでしょうか。

1つの方法は自転車の盗難保険をかけるという方法があります。

特に高額の自転車の場合は保険をかけると安心でしょう。

さらに別の方法としては住居を選ぶ時に、自転車を安心して駐輪できるスペースがあるマンションかどうかを確認して住居を選ぶとういうこともできます。

最近ではオートロックマンションの建物内に駐輪スペースがあり、そこに自転車を置けるようなマンションがあります。

この場合は、マンションの入居者が以外は出入りできない所に自転車を置くことになるので比較的安心です。

さらに大型マンションなどでは屋外にあるにしても、入居者以外は自由に出入りできないように囲いをした駐輪スペースを置いているマンションもあります。

このように自転車を安心して駐輪できるような配慮が施された建物もありますので、住居を選ぶさいにはこのようなてんも考慮に入れることができると思います。

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA