小規模マンションオーナーの日記


7月 26, 2016

悪質セールスマンから家族を守るオートロックマンション

Pocket

マンション画像

オートロック式のマンション。大東建託設計施工管理。

オートロック式でないアパートやマンションでは自宅部屋の玄関ドアの手前までに訪問者が来ることになります。

特に20年以上前に建てられたアパートやマンション、そして公営住宅の多くはオートロック式でないためにセールスマン等が自由に行き来することができます。

よってそのようなアパートの玄関ドアの付近には「セールス勧誘お断り」あるいは「セールス勧誘目的の場合はベルを押さないでください」等のステッカーをしばしば目にすることがあります。

よほどしつこいセールスマンに悩まされたことがあるのか、家族の誰かが、しぶしぶセールスマンから何かを買わされたことがあるのかもしれません。

そして誤って玄関ドアを開けてしまい玄関の中に入られてしまうと断って出ていってもらうのに相当大変な場合もあります。

また近年は身分を偽って中に入り込みしつこくセールスする悪質なセールスマンもいます。

一方、戸建て住宅の場合は門扉がまずあり、門扉のあたりに呼び鈴があります。

最近は多くがカメラ付きインターホンになっており、不要な訪問者であるならば、そこで断るか出ないことによって対処することができます。

さらに勝手に門扉を開けて入って来るならば不法侵入で訴えることができますので、オートロック式でないアパートよりも不要なセールスマンに対応しやすいといえます。

 

花画像

最近の新しいアパートマンションはオートロック式の物件が少なくない。

こうした事情のためか近年、新しく建つアパートそしてマンションの多くはオートロック式になっています。

例えば分譲の大型マンションであるならば、管理人室のそばにオートロックのインターホンがありますので、セールスマン等の訪問者も訪問しにくくなります。

セールスマンがインターホンを何度も鳴らせば管理人さんが近づいてきますから・・

また管理人さんが常駐していないオートロックマンションでも不要な訪問者であるならば、部屋のカメラに映りますので、出ないかすぐに断るかして対処することができます。

実際、玄関ドアの手前まで来ることはありませんので、幾らかの安心感があることでしょう。

特に家族の誰かが、セールス等にひっかかることが心配ならばオートロックマンションであるならば幾らか安心でしょう。

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA