小規模マンションオーナーの日記


5月 08, 2018

大東建託物件のすべてがIOT化?


アパート画像

管理戸数100万戸以上の大東建託設計施工管理のアパート。

IOT、最近ではあらゆる分野でIOT化が進んでいます。

IOTについてウィキペディアでは

モノのインターネット(英語: Internet of Things, IoT)とは、様々な「モノ(物)」がインターネットに接続され(単に繋がるだけではなく、モノがインターネットのように繋がる)、情報交換することにより相互に制御する仕組みである。 それによる社会の実現も指す。

 

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/モノのインターネット(アクセス日2018/5/8)

と説明しています。

つまりは様々なものがインターネットに接続されて、いっそうの利便性の向上を図るというのがIOTです。

このてんでは賃貸住宅の分野でも、IOTを活用する動きがありますが、賃貸住宅会社ではレオパレス21が最も積極的だったようなイメージがありました。

しかし管理戸数トップの大東建託も、このIOT化を加速、いや急加速させているようです。

このてんで全国賃貸住宅新聞2018年4月10日の「大東建託、IoTの実証実験」という記事には

大東建託(東京都港区)は3月30日、スマート賃貸住宅の実証実験を開始した。東京電力パワーグリッド(以下、東電PG:東京都千代田区)、ギガプライズ(東京都渋谷区)の協力の下、同社が管理する賃貸住宅100戸で、本格運用に向けた検証を行っていく。実証実験での効果が得られれば、2018年度内をめどに103万戸を超える全ての管理物件にIoT(モノのインターネット)の導入を検討する。

 

引用:http://www.zenchin.com/news/iot-16.php(アクセス日2018/5/8)

と報じました。

花画像

賃貸住宅におけるIOT化が急速に進んでいる。

大東建託もIOT化を進めていることは知っていましたが、驚くべきことは検証実験次第では、2018年度中に103万戸を超えるすべての管理物件にIOTの導入を検討するというのです。

もちろんIOTが導入されるのは2018年度以降ということでいつになるかはわかりませんが、新築物件だけでなく、既存のすべての管理物件に導入するかもしれないということなので、スゴイ計画です。

もし本当に導入されるならば、入居斡旋には有利に働くでしょうし、入居満足度も高まることでしょう。

ただ大東オーナーとして気になることは、IOT化のための費用はどうなるのかというてんです。

大東オーナー負担になるのでしょうか。

それとも初期費用は大東建託が負担してくれるのでしょうか。

またIOTの維持管理費などはどうなるのかといったてんも気になるところです。

これらの疑問の答えは近い将来得られるのかもしれません。

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA