小規模マンションオーナーの日記


6月 29, 2017

レオパレスの物件がレオパレスでなくなると?

Pocket

花画像

レオパレスがレオパレスでなくなるとその物件がすべて空室になることがある。

前回のブログ記事では、ジャーナリストの小石川シンイチ氏の記事にレオパレスの事について取り上げられたいましたので、そのことについて書きました。

そこでは家主たちの話として

解約プロジェクト

つまりはレオパレスの業績に悪影響を及ぼす物件の家主の解約を促すようなものがあるというのです。

本当なのかどうかはわかりませんが。

さらにその記事によると、レオパレスと解約になった物件の場合、家具家電はレオパレスによって備えらえているために、物件がレオパレスと解約になると、入居者は家具家電をすべて失うことになります。

入居者はそれに対処するためには、自分で家具家電をすべて買い揃えるか、他のレオパレス物件に移るかのいずかの選択を迫られます。

結果として生じることについてlivedoor New2017年6月5日の「広瀬すずのCMでおなじみレオパレス21に集団訴訟! 契約アパートオーナーたちが告発するえげつない商法」という記事の小石川ケンイチ氏のコメントによると

レオパレス21では入居者に近隣のレオパレス物件を紹介することで、契約解除時にはアパートを全室空っぽにしてオーナーに返すという事態が多発した 

 

引用:広瀬すずのCMでおなじみレオパレス21に集団訴訟! 契約アパートオーナーたちが告発するえげつない商法

というのです。

以前、出所は忘れてしまいましたがサブリースを痛烈に批評する記事を読んでいた時に、契約解除した物件を空っぽにしてしまうサブリース業者があるというのを読んだことがありますが、その業者とはレオパレスのことだったのか?と考えてしまいました。

アパート画像

レオパレス21の賃貸住宅アパート群。

そしてよくよく考えてみると、レオパレスのように入居者に家具家電もレンタルして提供する形になると、その物件がレオパレスとの契約解除になると、家具家電も撤去されることになるので、多くの場合、入居者は近隣の他のレオパレス物件に移動せざるをえなくなってしまい、解除された物件が空っぽ状態になるのはやむえないのでとも思います。

そう考えてみると、あの痛烈な批評記事に書かれていいることは、いかにも悪質業者という印象を与えるものでしたが、事情を考えてみるとそういうことだったのかと、いうことで、多少見方が改善されます。

それにしても、批評コメントを読む時は気をつけなければ、イメージコントロールを受けて、物事を正しく正確に見ることができなくなってしまう危険があります。

もちろん批評コメントの中の真実はしっかりと受け止めなければなりませんが、あらゆる視点から物事を見るようにすると、思わぬてんに気づかされることがあります。

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA