小規模マンションオーナーの日記


5月 27, 2017

賃貸暮らしよりも分譲マンションを買ったほうがお得というのは本当?

Pocket

花画像

近年は分譲マンション派が増えているが・・。

私のある知人ですが、駅前に1LD分譲マンションに住んでいましたが、娘さんと一緒に暮らすために、マンションを売却することになりました。

売却後は賃貸マンションに住みたいとのこと。

分譲マンションはいろいろと大変なのでということなんだそうです。

売却のさいにも、なかなか売れない、売れない間にも売却を依頼している不動産屋さんに手数料を売れるまでを支払い続けなければならないなど、ストレスを感じていたようです。

とにかく賃貸暮らしのほうが気楽だというのです。

では賃貸暮らし、分譲マンション暮らし結局のところどちらがいいのでしょうか。

例えば3LDKマンションに賃貸で暮らすとします。

1カ月の家賃が10万円とすると、1年で120万円。

10年で1200万円、20年で2400万円を支払い続けることになります。

そして30年で3600万円になり、支払った3600万円はもう返ってはきません。

一方で3600万円もあるならば、3LDKの分譲マンションを買ったらどうなのかとなるでしょう。

それで3600万円を住宅ローンを組んで買ったとします。

そして30年後に売却するとして、当初の価格の半額の1800万円で売れたとします。

すると後者のほうが1800万円得なのではと思われるかもしれませんが、実はそうとは言い切れません。

積水ハウス画像

積水ハウス設計施工のシャーメゾン。

というのも分譲マンションには賃貸にはない費用負担が生じます。

まず修繕積立金ですが毎月1万円以上、マンションによったら5万円前後というところもあるようです。(多くは2万円以内だと思いますが)

そして住宅ローンを組んでいるならばローン金利がかかります。

今は低金利時代とはいえ、それでもおよそ30年間で500万円前後の金利を支払うことになります。(固定金利、変動金利、市場状況によって変わります)

さらに固定資産税、火災保険等の費用もかかりますし、エアコンや給湯器などの室内の設備の修繕や取り替え費用すべてもかかってきます。

もちろん住宅ローン減税制度による恩恵もありますが、トータルした時に賃貸が得か、分譲が得かと言えばどちらともいえないということになります。

それで性格的にどちらが合っているかということになるのかもしれませんが、投資事が好きな方、あるいは家計管理をきちんとするのが好きな方は分譲マンションが向いているのかもしれませんが、一方で資産価値などが過度に心配になる方、煩い事を少なくしたい方はシンプルな賃貸住宅暮らしのほうが向いているといえるでしょう。

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA