小規模マンションオーナーの日記


4月 13, 2016

マンションの寿命は何年? 35年超えても人気物件

Pocket

賃貸マンション画像

積水ハウス施行管理の賃貸マンション。

マンションの寿命は本当は何年なのでしょうか。

最近は30年超でも人気物件が多々見受けられます。

例えば私の自宅マンションの近くに1979年夏に入居を開始した古い分譲マンションがあります。

1979年ですから、もう37年になるマンションですが、外観はきれいで古いマンションというふうには見えません。

合計で75戸ありますが、ほぼ満室状態です。

部屋は、3LDKで家族で暮らすことができます。

しかも昔からの古い高齢の入居者も多いのですが、幼い子供や学校に通う子供を持つ家族もけっこうおられるのです。

こうした比較的若い世代は、これから何年も住み続けるかもしれません。

近くには10年、15年未満のオートロック式の近代的な分譲マンションも多々ありますが、比較してもそれほど遜色がありません。

現在でも1戸の価格は1000万円以上で販売されています。(15年未満の中古マンションは1500万円~2500万円程度で販売されています。さすがに新しいマンションよりは資産価値が下がっているようです)

そして立地的には駅にも近く、ショッピングにも恵まれている、好立地な所にあるマンションです。

鉄筋コンクリートのマンションの寿命は何年?

と考えることがよくあります。一般に30年あるいは35年を超えると、資産価値がほとんどなくなり建て替えを検討すべしともいわれますが本当でしょうか。

上記のマンションについては、今後も数十年存続したとしても不思議ではありません。

ところで今は住宅供給過剰時代です。

どんどん新しい物件が建ち空き家、空き部屋が増大しています。

いずれは新しい物件の建築受注も陰りだし、大手ハウスメーカーもビジネスモデルを調整していかなければならなくなると思います。

大東建託は古いアパートの建て替えにビジネスモデルを見出そうとしている

私の物件がお世話になっている大東建託も将来的に新規建設受注の限界が見えてきたのか、30年超の物件を持つアパートオーナーに近づいて、物件の建て替えを提案しているようです。

ただ近年は解体費用も高くなり、どれだけの受注を獲得できるかは、不透明です。

今から10年、15年後には住宅事情はいったいどう変わっているのでしょうか?

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA