小規模マンションオーナーの日記


11月 22, 2017

顧客本位から脱線しかねない不動産業界😟


花画像

顧客本位とは言えない商慣行が不動産業界には多々ある。

どこの会社でも企業理念というものがあって、社会貢献を謳った高尚な理念があるものです。

しかし現実は、高尚な理念とは裏腹に、利益の追求のあまりに顧客に損失をもたらすような取引を平然と行っているケースも少なくありません。

先回の記事

金融庁がアパートローン頼りの地銀を牽制

では地方銀行が利益追求のあまりアパートローンを地主さんたちに積極的に提案し、結果としてアパートローンを借りてアパート経営を始めてみたものの、アパートバブルの影響で空室に悩まされ、家賃収入が十分に入らずに、苦境に追い込まれるというケースがあり、その事態を重く見た金融庁が、地方銀行に警鐘を鳴らし

顧客本位の事業を行うように

促しているという内容の記事でしたが、残念なことに銀行のような紳士的と思える企業でも、時には利益追求のあまり顧客本位主義を見失ってしまうことがあるということを示すものでもありました。

もちろんこうした事がしばしば生じる会社の場合は社会的な信用が失墜していき、しまいには淘汰されてしまうこともあるのかもしれません。

最近でも神戸製鋼所やNISSAN、スバルといったメーカーでも、そのような事が生じ会社への信用が揺らいでいます。

分譲マンション画像

市街地にある高層マンション。

ところでアパートマンションオーナーにとってこのてんで気になるのは、取引している管理会社や建設会社が顧客本位を理念とし、実践しているのかというてんです。

最近でも分譲マンションの大規模修繕工事のさいの管理会社、設計事務所、建設会社がらみの、分譲マンション区分所有者たちを食い物にするかのようなカラクリが明らかにされてきました。

残念なことに不動産建設業界では、このような汚い商慣行がしばしば生じるようです。

国土交通省も顧客本位の商行為が行われるようにと監督しているようですが、なかなか徹底できないようです。

ところでハウスメーカーでも人気の高い積水ハウスの企業理念には次のようになっています。

積水ハウスの企業理念のホームページからの引用ですが

人間は夫々かけがえのない貴重な存在であると云う認識の下に、相手の幸せを願いその喜びを我が喜びとする奉仕の心を以って何事も誠実に実践する事である。

 

引用:企業理念

(最終閲覧日2018/5/26)

というとても高尚な企業理念を謳っているのです。

積水ハウス以外のハウスメーカー、建設会社、不動産会社もよく似たような理念があるのだと思いますが、是非とも実践してもらいたいものです。

そうするならば、怒った家主さんたちが集団で建設会社を提訴するといったことは生じなかったことでしょう。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA