小規模マンションオーナーの日記


9月 05, 2017

ネット銀行とにかく金利は低いがアパートローンには向かない?

Pocket

花画像

金利面では都市銀行よりもネット銀行のほうが有利な場合がある。

昔は住宅ローンを借りるさいには、どの銀行から選ぶかとなると、まず最初に都市銀行、都市銀行がダメだったら次に地方銀行、地方銀行がダメだったら次に信用金庫といった法則のようなものがありました。

つまりはローン金利の低い順番であたっていくというのです。

しかし最近はその法則がに変化が生じているようです。

というのも基本的に店舗も通帳もない

ネット銀行の金利が最も低い

というケースが多くなっているのです。

多くの方が、インターネットをあたりまえのように活用している現代、ネット銀行、ネット証券そしてネット保険を活用する方も多くなってきました。

これらの金融機関の特徴は、店舗がないために事業にかかるコストが低く抑えることができるために、ローン金利を低く抑えることができますし、そして種々の手数料も安く抑えることができるといったメリットがあります。

またネット保険の場合は毎月支払う保険料を安く抑えることができるというメリットもあることでしょう。

都市銀行の一つりそな銀行の私の担当者も住宅ローンの金利においては、「ネット銀行にはかなわない」ということを言っておられました。

このようにどうしても生活上のコストを抑えたい場合はネット銀行を活用することには大きなメリットがあります。

りそな銀行画像

りそな銀行。アパートローンも扱っている。

ではネット銀行にはデメリットはないのでしょうか。

いろいろと調べてみましたが、特にデメリットはないようです。

とりわけ住宅ローンを借りるものの、銀行との接触はなるべくしたくない、金利コストを抑えたいという場合は、ネット銀行から住宅ローンを借りることがベストかもしれません。

しかし事業者となると事情は異なります。

事業者となると事業性ローンを借りていれば、それで十分というわけにはいはないからです。

時には追加の融資が必要となる場合もあるかもしれませんし、銀行に相談したい案件も生じることでしょう。

つまりは事業者であるならば

銀行と上手に付き合っていかなければならないのです。

それですから担当者との接触がほとんどないネット銀行を事業上のパートナーとするのにはデメリットがあります。

私もマンション事業者ですが、アパートローンを借りているりそな銀行が頻繁に訪問してきますので、その機会に節税に役立つ提案などを受けて、そのことによって節税を上手に行うようおおいに助けられています。

ですから置かれた事情や状況によって、ネット銀行とそうでない銀行を上手に使い分けていくことが大切だと思います。

 

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA