小規模マンションオーナーの日記


9月 10, 2019

管理会社がなかなか動いてくれない 大東建託でも・・

Pocket

私の知り合いは、家族で賃貸の戸建住宅に住んでいます。

とても広い木造の戸建住宅ですが、築年数が経っているためか、2階が雨漏りするんだそうです。

そこでこの賃貸住宅の管理会社に、その雨漏りを修繕してほしいと言ったそうなのですが、なかなか修繕に来てくれないとのこと。

「もう1度、修繕について言ったらどうですか」と言ったら、何度も言うのも、おっくうなので現状で我慢するとのことです。

この管理会社ですが、地元に昔からある不動産屋で、幾つかの物件の管理を行っていますが、修繕の依頼を聞いたもの忘れてしまったのか、面倒くさくて後回しにしてしまい、うやむやになってしまっているのか、それはわかりません。

さらに昨年の暴風台風で、近所の比較的に新しい賃貸マンションのベランダの外壁が、あちらこちらで傷んだマンションがありました。

どちらかといえば上階の方で損傷しており、修繕工事を行うにしても大変だなあと思いましたが、なかなか修繕が行われません。

外からその損傷が、よく見えるので、速やかに修繕したほうがよいのにと思っていましたが、あの暴風台風から11カ月が経過してから、ようやく修繕が行われました。

どうして遅くなったのかは、わかりませんが、ようやく管理会社が動いたようです。

アパート画像

賃貸最大手の大東建託設計施工管理のアパート。

ところで私の所有マンションは大東建託パートナーズに管理してもらっていますが、かねてから駐輪場の放置自転車をなんとかしてほしいと思っていました。

そこで大東建託パートナーズの担当者に、その件を伝えると、〇月〇日までに放置自転車を処分しますとの、通知が掲示板に掲載されていました。

そこまではよかったのですが、その〇月〇日が経過しても、放置自転車は処分されずに置かれたままです。

それでそれから2週間後に、オーナー専用電話番号に電話してその件を伝えました。

すると受付の女性社員がでてこられ、「すいません、伝えときます」とのこと。

これで動いてくれるのかと思いきや、大東建託パートナーズの担当者からの電話もなく、さらに1週間が経過してしまいました。

もうしばらく待って動きがなければ、もう1度電話し、それでも動かない場合は、窓口の支店の営業の担当者に伝えてみようと思います。

それにしても大東建託パートナーズの物件担当者、会社から研修などを受けて、社員教育は受けているようですが、担当者によって、能力が異なるようです。

以前の担当者で、用件を言えば、すぐに動いてくれる方もおられたのですが、今回の担当者は・・。

 

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA