小規模マンションオーナーの日記


7月 30, 2019

無借金美学 それとも借金は問題ないという経済学 どちらが正しい?

Pocket

花画像

MMTによれば借金は怖くない。

最近は経済学の理論でMMT理論と呼ばれるものが脚光を浴びています。

この理論、現代貨幣理論とも言われていますが、ウィキペディアによると

現代経済の貨幣が借用書により成立していることを捉え、政府は税収に制約される必要はなく、任意の自国通貨建て国債発行により財政支出量を調整することで、望ましいインフレレベルを目指す経済政策を行うことを理論的主柱とする経済理論である。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/現代貨幣理論(アクセス日2019/7/18)

と書かれています。

一読しても、どういうことか、イマイチわかりませんが、簡単に言えば、自国通貨建てで政府債務を拡大させれば、物理的な生産力の上限まで経済を拡大させることができる、ないしは国通貨建てで財政赤字を拡大させれば政府は簡単に経済の長期停滞から脱出できるとという考え方です。

つまりは日本の国債残高は1000兆円を超えていますが、全然問題はありません、大丈夫ですよという経済理論です。

たしかに、日本の場合これだけの債務をかかえていながらも、国は破綻することはありません。

金利が急騰することもありません。

ハイパーインフレにもなりません。

賃貸マンション画像

完成間近のハイスペックな賃貸マンション。

つまりは日本の状況はMMTの考え方の正しさを立証するもだというのです。

そしてもしも過度なインフレになれば、国債発行を減らし、増税にして、インフレを抑えることができるというものですが、当然のごとく財政健全派論者からの猛反発を受けている理論でもあります。

もちろんそれが正しいのかどうかはわかりません。

ところで、この理論を応用するならばアパートマンションオーナーが賃貸住宅経営のために、借金をするのも、問題ない心配ないということになるのではないでしょうか。

1億、2億・・という具合に棟数を増やすにつれて、債務額が膨らんでいっても、毎月の返済額の2倍、3倍の収入があるならば大丈夫だということになるのです。

例えば負債額が10億円で、毎月の返済額が500万円になっても、1000万円以上の収入があるならば、問題がないとうのです。

もちろん借金は悪とみなす美学からすると、とんでもない考え方なのかもしれません。

また立場上、債権者には頭が上がらないことでしょう。

しかし返済額を十分に上回るだけの収入があるならば、ビジネスとしては問題がないのでしょう。

 

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA