小規模マンションオーナーの日記


6月 10, 2018

募集家賃大幅下げの次は家賃割引😕


アパート画像

賃貸住宅最大手の大東建託設計施行管理のアパート。入居率は高いといっても・・。

以前の記事で、私の所有物件の大東建託リーシングが入居募集をしているお部屋の、募集家賃が2カ月後には3000円以上も下がったことについて書いたことがあります。

この記事とは

募集家賃がいきなり3000円も下がる

ですが、募集家賃が大東建託の査定家賃レベルのまで下がってしまったので、このまま入居者が決まってしまえば、オーナーに支払われる賃料も査定家賃レベルにまで下がることになります。

以前の入居者は査定家賃よりも3000円高い家賃で入居してくださってたので、約3000円ほど余分に賃料を大東建託から支払っていただいていました。

しかしその余分の賃料が吹っ飛んでしまうのでショックを感じていました。

この大東建託パートナーズがオーナーに賃料を支払うさいのルールについては、大東オーナーならばよく知っておられることと思います。

ところで募集家賃が大幅に下がったと思いきや、次に大東建託リーシングが行ったのは家賃割引です。

その家賃割引の内容は10カ月間家賃の10%を割引というものです。

例えば家賃が5万円とすると、10%ということは4万5000円になります。

毎月5000円割引が10カ月続くとなると合計の割引額は5万円です。

ですから実質1カ月のフリーレント(家賃の無料)と同じことが行われることになります。

花画像

入居斡旋のために割引やフリーレントが行われることがある。

それにしても10カ月家賃を10%割引ということは、大東建託パートナーズの管理手数料が家賃の10%程度なので、その手数料収入を大東建託パートナーズは10カ月間は放棄するようなものです。

しかしそれでもなんとか入居者をみつけて空室のままでいるよりは良いと判断したのかもしれません。

 

しかしそれにしても私の物件も、こんなにも客付けが悪くなったのかと考えてしまい、先行き不安を感じます。

昔は退居になっても数か月もすれば入居者がみつかっていた時代もあったのですが。

もちろん今回、客付けが悪かった要因は1つには

春の入居シーズンが過ぎた後だったこと

があると思います。

2月ごろにに部屋の内見ができるぐらいの状態ならばベストだったのですが、内見ができるようになったのが4月の下旬だったのが残念でした。

ところで客付けが悪かったもう1つの要因は

競合物件があまりにも増えすぎている

というてんです。

私の物件のあるエリアは入居需要があるエリアなのですが、次から次へと新しい賃貸住宅が新築されています。

自治体が抑制してほしいものですが、人口減少を怖れている自治体は次から次へと新しい住宅が建築されることを容認しています。

よってこれまでの物件オーナーが入居者斡旋で苦戦しているというのが実情です。

どうしようもできない事柄ですが、ここは大東建託の入居斡旋力に頼るしかないのかもしれません。

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA