小規模マンションオーナーの日記


12月 10, 2016

残念な仕上がりのアパート清掃


花画像

建物、敷地の美観は入居者を引きつけるうえでも重要。

私の所有物件は大東建物管理(現大東建託パートナーズ)が管理していますが、12月上旬ごろに、清掃に来られたようです。

といっても大東建物管理の協力業者が清掃のために来られたようで、所有マンションの1階の玄関と共有廊下部分が水でびしょびしょに濡れていました。

清掃が行われた後だということはわかりましたが、水でびしょびしょに濡れたままなので多少、心配になりました。

おそらく乾くのには相当の時間がかかりますし、それまでに誰かが歩くならば靴跡がくっきりと残ったりして汚れることになると思います。

通常は水切りワイパーなどを使用して、廊下や玄関の水をしっかりと掃いて、乾きやすくするものと思いますが、そのような作業を行った後もなく、案の定やはり玄関は汚れているような状態でした。(清掃した後に汚れているというのもおかしなことですが、水が掃かれていなかったので、足跡がつくなどして汚れていました)

そこで翌日、足跡の汚れを取るために、私自ら再び玄関付近の清掃を行いました。

まず玄関床を水で十分に濡らして、中性洗剤をかけます。

汚れがひどい場合は、酸性洗剤を使用しますが、今回の汚れは先日の水濡れのために足跡などが残っていたもので、軽度の汚れということで中性洗剤を使用しました。

マンションの玄関の床画像

マンションの玄関の床タイルの汚れ。洗剤で洗わなければ黒ずんでくる。

洗剤を適度にかけた後はブラシで擦ります。

その後、水で十分に洗剤を洗い流します。

そして水切りワイパーで、しっかりと水を掃きますが、そうすると冬の時期でも、床の乾きが速く、水濡れによる汚れを防ぐことができます。

これでマンションの玄関もきれいになり一安心です。

ところで全体的には大東建物管理による管理に大きな不満はないのですが、以前から清掃の仕上がり状態については、?というところが多少あります。

もちろん清掃を行っているのは大東建物管理の協力業者なのですが、大東建物管理によるチェックが幾らか甘いのかもしれません。

もちろん大東建物管理の担当者も、こなさないといけない仕事が多くて、いちいちチェックすることが大変なのかもしれませんが。

しかし他の管理会社と競合しているなか、入居者としては、よりきれいな、清潔感のあるアパートやマンションを当然、住居として選ぶことでしょう。

つまりはきちんとした清掃を行うよう管理されている物件でなければ、入居者からそっぽを向かれていく可能性があります。

今は管理戸数でトップの大東建託グループですが、それを維持するためには清掃という分野での改善も取り組まなければならないのかもしれません。

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA