小規模マンションオーナーの日記


3月 19, 2019

収益物件価格が急落している今が買い時?

Pocket

花画像

不動産ブームもいよいよ終わりを向かえるのだろうか?

2019年2月に明らかになったレオパレス21のアパート施工不良問題。

以前からレオパレス21のアパートは、どうも遮音性が良くないという評判でしたが、今になって思うと、こういうことだったのかということです。

ところで空前の不動産ブームも2018年ごろから失速していると言われています。

その要因の1つがスルガ銀行の不動産不正融資事件です。

これをきっかけに銀行が個人向けの不動産担保融資の審査が厳しくなったというのです。

スルガ銀行以外の他行もスルガ銀行の二の舞とならないよう、審査を厳格にしたようです。

結果的に個人の不動産投資にブレーキがかかり、収益物件に投資したくても、資金調達ができない→不動産投資を断念という流れになっているようです。

この業界に詳しい人の話によると、個人の不動産投資が厳しくなったためか、いわゆる個人向けの収益物件の価格がピーク時よりも20~30%は下がったとの情報もあります。

さらにそれに加えて、レオパレス21の物件オーナーが自物件の売却を進めているとの話もあり、さらに収益物件の下落に拍車がかかる可能性があります。

それにしても今の時代、レオパレス21の物件を買う人がいるんでしょうかね。

アパート画像

いわゆる収益物件の価格が下落している。

もちろん買い手がいたとしても、建物価格は限りなく0円にして、土地価格だけを支払い、購入後は解体して新しいアパートを建てるということも1つの方法かもしれません。

しかしそれならばオーナーさん自らアパートを解体して、今度はレオパレス21以外の他社に新しいアパートを建ててもらうこともできるのかもしれませんが。

ところで賃貸住宅の現状の流れからすると、収益物件が大きく下がっている今、今は売り時ではありません。

2015年か2016年ぐらいに売っていたならば、高値で売れたかもしれませんが。

もちろん土地価格はエリアによれば、かなり上昇していますので、土地については売り時かもしれません。

しかし賃貸住宅の建物については、さらに下がれば絶好の買い時になる可能性があります。

問題は買おうにも資金調達ができるかどうかです。

このような時代に個人として順調なアパート経営をしているオーナーさんにとっては、銀行からの融資を受けてアパート経営を拡大できるチャンスなのかもしれません。

 

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA