小規模マンションオーナーの日記


8月 19, 2018

昔はデメリットだらけの学生賃貸 今は有望市場!!

Pocket

花画像

学生賃貸が有望視されるようになっている。

東京に住んでいた知人から聞いた話ですが、東京といえば、大学も数多くあり、大学生の往来も激しい都市ですが、しかし学生は多くの場合、東京都心に住んではいないというのです。

というのも東京都心は家賃が高く、東京に住んで学生生活を送るのは大変なので、多くの場合は、神奈川県や千葉県や埼玉県の家賃が比較的安いエリアに賃貸暮らしをして東京に通っているとのこと。

もちろんこれは、幾らか昔の話です。

ところで賃貸住宅オーナーにしてみると学生賃貸も悪くはありませんが、デメリットも多いものと、とらえられています。

どんなデメリットがあるかといいますと

①家賃滞納リスクが高い

というものがあります。

もちろん親からの支援や、本人も働いて、やりくりしていると思われますが、初めての一人暮らしで、予期できなかった出費に追われて、家賃が支払えなくなるということがあるのかもしれません。

しかし今では家賃保証制度があるので、以前ほどリスクがあるわけではないのかもしれません。

②高い家賃設定ができない。

学生の一人暮らしなので、在宅時間も短く、最低限の生活ができれば良いという感覚なのでしょうか。

よってより家賃の安い物件が選ばれる傾向があり、家賃が高ければ敬遠されます。

③大学卒業後に退去される。

最長でも4年賃貸です。

場合によったらもっと早く退去されるかもしれません。

入退去のサイクルが速くなります。

アパート画像

レオパレス21管理のアパート。

ところでデメリットも少なくない学生賃貸が今は有望視されています。

なぜなのでしょうか。

その理由の1つが、外国人留学生の増加です。

留学生なので、どこかで賃貸暮らしをしなければなりません。

しかも資産家のご子息であるならば、多少家賃の高い物件でも賃貸してくれます。

さらに別の理由として、少子化によって親が子供にかける費用を惜しまなくなったというてんもあるようです。

親としては子供に快適な学生生活を送ってほしいとの願いから、多少家賃が高い物件でも十分に支援してくれる傾向があるようです。

こういった理由で、今は学生賃貸が有望視されているようです。

そしてこの傾向を大手の建設会社も察知して学生賃貸専用のアパート建設に乗り出しています。

例えば大和ハウス工業は、東京都北区に学生寮「(仮称)ロイジェント王子神谷」新築を計画、設計・施工とも直営で実施するとのことです。10月中旬に着工し2020年2月末の完成を見込む、つまりは2020年春より学生を受け入れる予定のようです。

いずれにしても時代とともに賃貸需要も変化し敏感に対応していくことが、ますます重要になっているようです。

 

スポンサーリンク


Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA