小規模マンションオーナーの日記


8月 08, 2022

融資を受けている銀行からの評価を上げるために行えること 


アパートマンション大家にとって銀行との付き合いは重要です。

銀行との関係をコツコツと長年にわたって積み上げていくと、金利交渉において譲歩を引き出したり、毎月の返済額を減らして、融資期間を延ばしたりするなどの融通を利かせてもらえるかもしれません。

ではどのようにして銀行への信頼を積み上げていくことができるのでしょうか。

まずは大家としてアパート経営をきちんと運営している事を実証していかなければなりません。

つまりは空室はしっかりと埋めているし、安定的に家賃収入が入る続けていますよということをはっきりと示さなけれなければなりません。

銀行は周期的に、確定申告の後の時期などに物件の入居状況や家賃などを調べてくることがあります。

これによってアパート経営の順調度を図っています。

この機会に銀行にとって優良顧客であるこをアピールしていくことができます。

なかには大家のほうから、業務実績の報告書を作成し、銀行に提出し、銀行との信頼関係を築いていく方もおられるようです。

いずれにしてもきちんと運営し続けることによって銀行にとって優良顧客であると認識してもらうことが大切です。

りそな銀行画像

りそな銀行。りそな銀行のアパートローンには定評がある。

もちろん、言うまでもない事ですが、信頼に傷ををつけないために、ローンの支払を遅延しないようにしなければなりません。

きちんと返済の責任を果たしいくことです。

もしもこのてんで不注意にもトラブルが生じるならばせっかく築いた関係に緊張が生じてしまいます。

融資を受けて事業を行っている場合は、してはいけない事柄です。

 

ところで銀行にしてみれば優良顧客は手離したくない存在です。

そして優良顧客であるということは、他行には取られたくないというのが本音です。

ですからそのためには大家の要望に譲歩してしまうことはあり得ます。

例えば金利交渉に応じてくれて、金利を下げてくれる場合もあります。

あるいはリスケジュールにも応じてくれるかもしれません。

リスケージュールつまりは、返済期間や一時的な返済額を緩和する措置を取ってくれる場合もあるかもしれません。

いずれにしてもアパート大家が銀行にとって優良顧客とみなされることは、アパート大家人生にとって大切なことです。

銀行と金利交渉 その後ローン金利が下がるまでの時間や手間

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA