小規模マンションオーナーの日記


6月 18, 2019

これからの時代は不動産よりも株式?


 

花画像

もはや不動産は負動産になりかねない時代になった。

一昔前までは、不動産を持つことが、大人のステータスのようにみなされるかのような時代がありました。

しかも当時は不動産が右肩上がりに上昇し続ける時代です。

そもそもなぜ不動産は上がり続けたのか。

それは戦後において

①「一国一城の主になってマイホームを持ちたい」という個人の願望や憧れが広まっていたこと。

②「高度成長に乗ってどんどん発展する」企業の土地需要。

③容積率をはじめとする建築制限など。

これらの理由で、不動産への需要が旺盛だったからです。

当然のこととして供給よりも需要が大きくなれば、価格は上昇していきます。

しかしこの流れは1990年ごろのバブルの崩壊以降、止まることになります。

というか流れが徐々に逆流しだし、その逆流はますます強くなっていきます。

ではなぜ逆流し始めたのでしょうか。

それは一言でいうならば供給が需要を上回るようになってきたからです。

ますます人口が減少していくなか、その分、当然のこととして需要は減退していきます。

現に空き家比率が増大していますが、高齢化が進んでいる地方においては空き家比率は驚くほど大きくなっています。

しかもそのようなエリアでの賃貸住宅の空室率も上昇しており、このようなエリアでの賃貸住宅オーナーはやりくりがさぞ大変なことでしょう。

ポスト画像

空室の多いマンションの集合ポスト。

もちろん今後、供給が需要を大きく上回っていくのは、戸建住宅や分譲マンションです。

賃貸住宅のほうは、賃貸暮らし志向の増大傾向や、外国人需要の増大、高齢者の受け入れ拡大などで、緩やかに空室率は上昇するものの、戸建住宅や分譲マンションほどに供給過剰にならないのではないかとの見方もあります。

しかしだからと言って、不動産投資や賃貸住宅経営が安全かといえばそうわけではありません。

賃貸住宅環境も家賃相場の下落、火災保険料の上昇傾向、建築修繕費の高騰などのリスクがつきまとうからです。

となると今後は不動産ではなく株式に投資したほうが良いということになるのでしょうか。

株式といえば不動産以上にハイリスクハイリターンな投資先です。

投資先の判断を誤って、塩漬け状態になっている株式を所有している方も大勢おられます。

しかし長い目で見た時に、今後の時代は株式投資のほうが良いのかもしれません。

 

追伸:りそな銀行の提案で購入した積立ファンド、1年以上でようやくプラス運用になりました。やはり長期運用の株式投信はいいんでしょうか?

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA