小規模マンションオーナーの日記


3月 10, 2017

マンションの寿命 50年 60年・・?

Pocket

マンション画像

最近の外壁は高品質で耐久性があるといわれているが・・。

鉄筋コンクリート造りのマンションてどれほど長く使用できるのでしょうか。

実際のところはわからないというのが答えのようです。

というのも鉄筋コンクリート造りそのもが歴史が浅く、十分なデーターが得ることができていないからなんだそうです。

このてんで専門家のなかには100年が寿命と言われる方もおられますが、今から100年前1910年代の鉄筋コンクリート造りの建物自体がありませんのでなんとも言えません。

ただヨーロッパなどでは鉄筋コンクリート造りではないものの、歴史的な建造物は多々残っていますので、建物そのものは非常に長く使用できる可能性があります。

ところで100年ものマンションは日本ではないと思われますが、30年、40年そして50年超のマンションは増えてきているように思われます。

ちょうど1960年代以降に建てられたマンションですが、いまだに使用されています。

こういったなか産経新聞2017年2月14日の記事には

老朽マンション増加防止へ修繕助言

といった記事がのせらていました。

というのも大阪府内だけで記事によると

築40年を経過したマンションが現在の6万戸から、10年後には3倍以上の21万戸に膨れ上がると想定

というのです。

花画像

手入れをきちんと行えば花も長く咲き続ける。

しかも問題なのは分譲マンションにおいて住民が高齢化し、管理組合のなり手が不足がちで、マンションの適正な管理ができない状態になっているところもあるのだそうです。

結果、管理費や修繕積立金の不足や不払いが目立つようになり、必要な修繕工事も行えないままになっているようです。

修繕工事が行えないとなると、安全面でも問題ですが、さらに建物の傷みもひどくなり、寿命そのものも短くなってしまうおそれがあります。

ということで大阪府が管理組合を支援することにのりだしたようです。

この記事を読んで思ったことは

  1. やはり鉄筋コンクリート造りのマンションは40年、50年は使用できるのだということの再認識。
  2. しかし長年使用するためには修繕工事等などのメンテナンスはしっかりと行わなければならないということ。
  3. 高齢化による分譲マンション特有の問題が生じはじめていること。

について考えさせられました。

そして長い目でみればやはり分譲マンションよりも賃貸マンション暮らしのほうが精神的には良いのではないかと改めて思いました。

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA