小規模マンションオーナーの日記


5月 22, 2018

入居を決める前にお部屋の内覧をすべき理由!!

Pocket

アパート画像

管理戸数100万戸以上の大東建託設計施工管理のアパート。

最近は、わざわざ入居したいお部屋の内覧をしなくても、インターネットの入居者募集のサイトや不動産会社の店舗で、お部屋の写真を見たり、またお部屋のビデオを見ることができるようになり、それで入居を決まる方も少なからずおられます。

内覧をしないで賃貸契約を結ぶのです。

もちろん物件オーナーにしてみれば、入居募集をしているお部屋が募集家賃が下がる前に、早々と入居者が決まるならば、家賃収入がその分、多くなりありがたい事柄です。

しかし入居者視点からすると内見をしないで、入居することはやめたほうがいいという方も少なくありません。

というのも内覧しないで入居したものの

後悔している方

も少なくないからです。

では入居前の内覧をする時にどんなてんをチェックすることができるのでしょうか。

それは主に内覧でしか知ることの出来ない事柄をチェックしてみることができます。

それには幾つかありますがまずは

窓を開けて外の眺めを見てそして匂ってみましょう。

外を眺めてみると、すぐそばに工場が見えて、工場からの鼻を衝くような臭いがしないでしょうか。

他にも悪臭となる要因はあります。

そのような悪臭が気になるでしょうか。

また窓から見える景色には特に問題がないでしょうか。

花画像

内見でしか確認する事ができない事柄が幾つかある。

さらにチェックできるてんとして廊下や階段、エントランス、エレベーター、ゴミ置き場などの

共有部分はきれいでしょうか。

物件によれば、お部屋はきれいでも、廊下や階段が、とても汚れている、きちんと管理されているかどうか疑わしいほどに崩壊に近い状態の物件もあります。

さらにはエレベーターの中がとても汚れたり悪臭がする物件もあります。

これらは毎日のように目にしたり利用したりする部分ですので、このてんもチェックしておきたい部分です。

他にも

台所が使いやすいか、また臭くないか

といったてんもチェックする必要があるでしょう。

とくにカップルタイプやファミリータイプの物件となると、台所はよく活用することがあると思いますので、しっかりと確認しておきたいものです。

私の知人も引越し先の物件の台所が臭くて困ると苦情を言っておられたことを思い出します。

この場合は台所から下水までの排管設備を洗浄する必要があるでしょう。

このように幾つかのてんを取り上げましたが、いずれも内覧をしなければ確認できない事柄です。

もしも引越しのための期間に余裕があるのならば、お部屋の内覧を行いましょう。

 

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA