小規模マンションオーナーの日記


12月 06, 2018

不動産の資産価値減少を抑えるためのポイント!!

Pocket

花画像

不動産物件を購入しても資産価値は経年とともに減少していくのだが・・。

最近は分譲マンションや戸建て住宅を購入して物件オーナーになる方も少なくありません。

税理的には物件を購入するほうが節税になるのはたしかなようです。

しかし悩ましいのは、購入した物件の資産価値が多くの場合、経年とともに下がっていくことです。

例えば5000万円で購入した分譲マンションの資産価値が20年後には2500万円程度になっているといった感じです。

ですから不動産物件購入をしても、結局は投じた資金は返ってこないならば、賃貸暮らしをしていたほうが良いのではないかと思うかもしれません。

しかしあるポイントを押さえれば、資産価値の減少を抑えることができるようです。

どのようなポイントでしょうか。

その1つは国交省によって検討されている福祉や交通などを含めた都市構造を見直す「立地適正化計画」です。

この計画とは、公共交通と連携したコンパクトな街づくりのことです。

おそらくは主要な駅の周辺が対象になることでしょう。

つまりは主要な駅周辺の不動産価格は下がりにくくなっていくというのです。

もちろんこの現象は国交省の計画が施行される前の今でも生じています。

もちろんどの駅が主要駅になるかは、はっきりしない部分もありますが、国交省の動きを注視することによって見極めていくことができるでしょう。

分譲マンション画像

駅と直結した分譲マンション。

ところで資産価値減少抑える別のポイントは、2017年4月1日に施行された「建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律」と関連する事柄です。

この法律の意図することは2020年には住宅の省エネルギー性能に対して満たすべき最低限の基準を義務化しようというものです。

そしてその狙いは省エネルギー住宅を推進することにあります。

ということは省エネ性の高い建物には中長期的にも資産価値が評価されるのではないかと考えられています。

ですから耐震性の高い建物と合わせて省エネ住宅の場合は、将来的に資産価値の減少が限定的になる可能性があるのです。

 

このように不動産物件の資産価値減少を抑えるためのポイントについて取り上げましたが、上記の事柄のネックとなる事柄は、上記の条件をクリアする物件の購入価格がそもそも高いというてんがあります。

ですからそうするだけの資金的な余裕があるならば、そうすることができますが、余裕がなければやはりコストパーフォーマンスが非常に優れた物件の購入にするか、不動産物件購入ではなく賃貸暮らしを選択するほうが良いのかもしれません。

 

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA